【3〜5歳】子どもの脳を鍛える《ブロック》おもちゃ おすすめ5選

目次 目次

3歳・4歳・5歳は、段階別にブロックを楽しむ

3歳は色を覚えよう!

指先が器用に使えるようになってくる3歳頃は、ブロック遊びを始めるのにぴったりです。「手は第二の脳」とも言われているように、指先を使うことで脳が活性化されます。

しかしまだ、物の形をブロックでうまく表現したり、お手本や絵と同じものを作り上げるのは難しい年齢です。

そのため、色鮮やかなブロックを使って「赤色のブロックはどこにあるかな?」と色を覚える練習も兼ねたブロック遊びなどが良いでしょう。うまくブロックを積み重ねるだけでもヨシとして見守ってあげることが大切です。

4歳でも背伸びしないブロック選びが肝心

4歳になると1段階難しいブロックも使えるかな?と細かいブロックにチャレンジしてみる方が多いようです。

しかし「4歳から」と書いてあるブロックであっても、まだまだ指先を細かく使ってブロックを使えない子もたくさんいます。それなのに、もうすぐ使えるから……と5歳からの背伸びしたブロックなどを与えてしまい、できない自分にイライラしてしまう子も……。
ブロック遊び自体に興味が全くでなくなってしまう場合もあるようです。

「2歳・3歳から」と書いてあるブロックには、4~5歳でも十分楽しめるものが揃っています。個人差はありますが、おもちゃはできるだけ背伸びせずに与えるようにしましょう。

5歳は目標を持って作ってみよう!

5歳になると「車を作りたい」「家を作る」など、具体的に作りたいものができてきます。そこで、自分の力で完成まで作り上げることを目標にしてみましょう。

自分で適するブロックを選び、工夫して組み立てることは想像力を高めるのに役立ちます。また、「家を作るためにはこっちにも壁を作らないと…」と立体図形の認識力も高まるでしょう。

お手本と同じ物をブロックで作れるようになったら、もう一人前!ちょっと難しいお手本には親子で楽しみながら取り組んでみましょう。

①LEGO(レゴ) duplo(デュプロ) みどりのコンテナスーパーデラックス "おおきなこうえん"

https://biccamera.rakuten.co.jp/item/5702016117172/

ブロックおもちゃの定番「LOGO(レゴ)」。親も、自分が子どもの頃に遊んでいたという方は多いのではないでしょうか。

duplo(デュプロ)は、1歳半から遊べるブロック。「3歳~5歳にはちょっと簡単すぎるのでは……」と思われる方も多いかもしれませんが、一般的なレゴだとパーツが細かすぎて子どもがうまく使えず全く遊ばない、という経験をした先輩ママの経験もよく報告されているのです。

ブロックが大きめなデュプロは、幼稚園や保育園などにも置かれており、年長の子どもも十分に遊ぶことができます。

「できた!」という達成感や満足感の経験を積み重ねるためにも、3歳~5歳の子ども向けに初めてレゴを購入したい場合には、まずはこのシリーズを試してみることをオススメします。

②BANDAI(バンダイ)パン工場とすべり台のおうちブロックバケツ

https://biccamera.rakuten.co.jp/item/4549660249009/

レゴのようなブロックを探している方で、子どもが特にアンパンマン好きな場合にはこちらがオススメです。ブロック遊びに興味がない子どもも、夢中で遊び始めるかも。

ひらがなや数字などが描かれたブロックも展開されているので、基本セットが気に入ったら知育用おもちゃとしても追加で購入することも可能です。

アンパンマンの世界観を取り入れることができるので、どうやったらあのシーンを再現できるのか……など、想像力をしっかりと養いながら、自然と空間認知能力の向上にも役立つでしょう。

③学研のニューブロック おはなのセット

③学研のニューブロック ニューブロック おはなのセット

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中