【3〜5歳】筋トレごっこで体力アップできるおすすめのおもちゃ&グッズ5選|パパママと一緒に♪

目次 目次

体力アップおもちゃの《上手な》選び方♪

①遊び方に決まったルールがないものを

幼児の運動では、難しいルールを設定しないほうが楽しめます。あえてルールを作るなら親子でどちらが早くできるか競ったり、子どもが決めたルールに沿って遊んだりしてみましょう。

飽きがこないよう、いろいろな使い方ができるグッズがオススメです。

②達成感を感じられるレベルのものを

運動も勉強も、好きになるには「達成感」が大切。「できた!」「勝った!」という達成感を味わえる程度のおもちゃがオススメです。

ときには悔しい思いをするのも経験になるので、3~5歳の幼児が「少し難しい」と感じるレベルのものを選んであげてください。

③散らからない・収納できる

楽しいのはいいけれど、片付けが大変だったり散らかったりするおもちゃだと、だんだんと倉庫の奥から出さなくなることも……。

収納がしやすいスリムなものや折りたたみ式のものなど、すぐに遊べて片付けもかんたんなものを選びましょう。一緒にお片づけするのも、体力作りの一貫!

① ジャンピングボード

https://item.rakuten.co.jp/babygoodsfactory/4920520501145/

自宅のリビングや子ども部屋に置いても邪魔にならない、コンパクトなトランポリンです。

サイズは縦70×横70cmで高さ12.5cm。低めの設定なので、万が一足を踏み外しても心配ありません。使わないときは、家具の下や横にそのまま収納OKです。

組み立て不要で、箱から出したらすぐに遊べます。重さは4.8kgと軽すぎず重すぎないので安定感があり、持ち運びもかんたん。ジャンプしても高く跳ねすぎないので、小さな子どもでも安心して遊べますよ。

付属のすべり止めマット付きで、床の傷や騒音も軽減。家のソファーやベッドでついつい飛び跳ねてしまうお子さんにもオススメです!

カラーはブルー・グレー・ピンクの3色でインテリアやお好みに合わせてくださいね。

② GONGE(ゴンジ) リバーストーンズ

https://item.rakuten.co.jp/flaner-baby/10008935/g

その名のとおり、河原の石の上を歩くような遊びができるおもちゃです。

大きさと高さが異なるカラフルな踏み石パーツ6個入り。踏み石パーツの表面はすべりにくいゴム素材を使用し、裏面にもすべり止めが付いています。

踏み石パーツを自分で並べて渡っていく遊びは、距離感覚を覚えるのにも最適です。「ちょっと遠すぎたかな」「これなら渡れそう」と自分なりに考えることで、思考能力や想像力のアップも期待大!

シンプルな遊びですが、脳への刺激がたくさん与えられるおもちゃです。じゃんけんやサイコロを併用して、ルールを作るのもいいですね!

③ PROMARK(プロマーク) ミニゴールセット

https://item.rakuten.co.jp/promark/sg-0015/

室内や屋外で遊べる、折りたたみ式のサッカーゴール2個セットです。軽量タイプなので、万が一ぶつかってもケガをする心配がありません。

風で飛ばされないように土に刺すピックが付いていて、使いやすいところもオススメポイントのひとつ。足で蹴ってゴールすることにとらわれず、手で投げて入れたり遠くから転がして入れたりするのも楽しいですよ。2個セットなので友だちや家族など大人数で遊べます。

サイズは高さ55×幅75×奥行55cmとコンパクト。重さは1個あたり約600gとかなりの軽量仕様。専用の収納バッグが付いていて、クルンとねじってバッグに入れればお片付け完了!

近所の公園や芝生広場に気軽に持っていけます。

④ bilibo(ビリボ)

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」