「どすこいすしずもう」キャラクター&声優紹介|主題歌も一緒にチェック!

目次 目次

どすこいすしずもうとは?

「どすこいすしずもう」2018年に講談社より発行されたアンマサコ氏の絵本作品。これを原作とした1話4分の短編アニメが2021年4月にスタートしました。

お寿司達が日本の伝統スポーツである「相撲」を繰り広げるというストーリー。その相撲の描写は本物そっくりなので、「お寿司」の力士に親近感を持ちながら日本の文化について学ぶきっかけにもなりますよ。

お寿司の力士たちの中には、同じ日本の伝統文化である「歌舞伎」の化粧をしている力士もいます。

短いお話の中にオープニング曲とエンディング曲も流れ、お話ごとに戦う力士が変わり、それぞれの特徴を活かした技を繰り広げながら相撲をとります。

寿司のネタをモチーフとした力士がたくさん登場しますが、力士達が喋ることはなく、解説者や呼出、行司のみの声でお話が進んでいく楽しいアニメとなっていますよ。

アニメは、テレビ放送で視聴できる他に公式YouTubeでも公開中です。

①たまごのさと

「たまごべや」に所属する寿司力士で、皆のアイドル的な存在です。「タマンポリン」を得意として、第1話での試合で披露します。

ちょっとツメが甘いせいで、試合に負けてしまうことも。たまごのさとがボディに巻いているまわしの海苔がすぐに破れてしまうことが悩みなんだそうですよ。

美味しい海苔づくりが趣味で、塩ちゃんこ鍋を好んでいます。

②いくらまる

宮城県石巻市の出身で、1月9日生まれのいくらまるは「さけべや」に所属しています。

小さくて丸いイクラの形状を活かした「いくらなげ」と「いくらこぼし」を得意技とし、常に熱心に新しい技について研究しています。

趣味の和太鼓の演奏は、かなりの腕前!イクラ達を和太鼓にポンポンと当てて演奏を披露します。

③おおとろやま

青森県下北郡の出身で、6月1日の生まれの「まぐろべや」に所属する寿司力士です。

「おおとろなげ」と「おおとろおとし」が得意技で、自分にとてもストイックで厳しい性格なので、日々のトレーニングを欠かさず体を鍛えています。

一見、近寄りがたい雰囲気のおおとろやまですが、塩大福が大好きな甘党で、ちょっと寂しがりやなところもあります。

④サーモンざくら

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」