『ダーウィンが来た!』出演者&おすすめ回を紹介!

目次 目次

『ダーウィンが来た!』とは?

『ダーウィンが来た!』とは、畑の中からアマゾンの奥地まで、世界中の生き物たちに密着する動物番組です。

葉っぱの裏から深海まで、最新機材を用いて撮影された生き物たちの生態は、息をのむような映像ばかり!マスコットキャラクターの「ヒゲじい」とナレーターの愉快な掛け合いもあり、ちょっぴり難しい内容も楽しく見れちゃいます。

見てると不思議と動物のことが好きになる!身近な虫や鳥、ペットのネコやイヌへの興味も自然と深まる番組です。

『ダーウィンが来た!』の出演者一覧

井上二郎

ナレーターのひとり、井上二郎さんはNHK所属のアナウンサーです。慶應義塾大学卒業後、1998年にNHKへ入局し現在は「週刊まるわかりニュース」のキャスターや、「新日本風記」の語り部もつとめています。

趣味は食べ歩きで、これまで沖縄放送局や神戸放送局、福岡放送局にも勤務していたことから、その土地それぞれの美味しいものにも詳しいのだとか。

落ち着いた印象の低音ボイスが特徴で、ドキュメンタリー番組のナレーションを数多く担当しています。

新井秀和

ナレーターのひとり、新井秀和さんもNHK所属のアナウンサーです。

2003年にNHKへ入局した後、高知放送局に着任し、その後熊本→福岡→東京のアナウンス室を歴任。現在は「おはよう日本」のキャスターや、ニュース・気象情報も担当しています。

実家ではネコを飼っていたそうで、アナウンサーになってからも取材を通してさまざまな動物たちとふれあってきたのだとか。趣味は歌謡曲で、休みの度にカラオケに通っているそうです。甘いものが好きで、自撮りが得意というおちゃめな一面も。

中山里奈

もうひとりのナレーター、中山里奈さんもNHK所属のアナウンサーです。

東京大学卒業後、2014年にNHKへ入局。その後松江放送局、広島放送局を経て2019年に東京アナウンス室所属となりました。「首都圏ネットワーク」や「おはよう日本」のキャスターを歴任し、現在は「ニュース 地球まるわかり」のリポーターもつとめ、そのテキパキとした進行ぶりでも人気があります。

趣味は食器集めで、松江放送局時代には地元の窯元をまわって焼き物をつくったり、収集したりすることに熱中していたのだとか。

龍田直樹

https://www.aoni.co.jp/search/tatsuta-naoki.html

『ダーウィンが来た!』のマスコットキャラクター・ヒゲじいの声を担当するのは、ベテラン声優の龍田直樹さん。

「ドラえもん」のスネ夫役、「ドラゴンボール」のウーロン役としても知られており、「くまのプーさん」では2代目ラビット役をつとめています。NHKではほかにも「週刊こどもニュース」でもナビゲーター担当しました。

人間以外のキャラクターを多数こなしており、ひとつの作品内で複数の動物役を演じることも少なくないそうです。

豊嶋真千子

https://www.aoni.co.jp/search/toyoshima-machiko.html

番組内のミニコーナー「ダーウィンNEWS」のナレーションをつとめるのは、声優の豊嶋真千子さん。

「突然ですがここで、ダーウィンニュースです!」というおなじみの掛け声とともに、現在取材中・編集中のテーマを紹介してくれます。これが事実上、次々回の予告編となっているのでファンにとっては必見のコーナーです。

豊嶋さんはちびまる子ちゃんの2代目お姉ちゃん役として知られており、映画の吹き替えにラジオにとマルチに活躍する声優さんです。

おすすめエピソード

①15周年SP「その手があった!絶滅レスキュー大作戦」

記念すべき15周辺スペシャルとして取り上げられたのは、現在日本で取り組まれている「絶滅レスキュー大作戦」!

絶滅危惧種とされている生物の数は、世界中でおよそ3万種にものぼるとされています。そんな中、日本ではツシマヤマネコやライチョウの保護活動がはじまりました。研究者や地域の人々が協力して考案した、とある画期的な保護活動とは?

世界中のさまざまな動物たちを取材してきた『ダーウィンが来た!』。その15周年スペシャルにふさわしい内容となっています。

②北海道で急増中!ラッコの謎

実はいま、北海道のとある岬でラッコが急増しているのをご存知でしょうか?日本では絶滅状態とされていたラッコですが、いつからか北海道東部の霧多布岬に数匹のラッコが住み着くようになり、いまや10匹以上の群れに!

子育て奮闘中のおかあさんラッコや、可愛い赤ちゃんラッコの姿も観察され、その愛らしい仕草に地元で大きな話題を呼んでいます。

なぜ日本にラッコが戻ってきたのか?赤ちゃんラッコがすくすく成長していく姿を捉えながら、ラッコ復活の謎に迫ります。

③かわいいのに最強!?テントウムシ

コロンとしたフォルムと、水玉模様がなんとも可愛らしいテントウムシ。畑の野菜や雑草を覗くとひょっこり顔を出す、とっても身近な存在ですが、実は驚くべき生態を持っているんです。

小さいのに天敵がほとんどいない?ナゾの物体でゾンビ化しちゃう!?この回を見れば、テントウムシを見る目が変わるかも?

虫たちのミクロワールドにカメラを潜入させると、そこには興味深い映像がたくさん映されていました!虫好きな子どもなら、きっと楽しめること間違いなしです。

まとめ

メダカやキノコといった身近な動物から、クジラや恐竜まで、実にさまざまな生き物たちの生態を知ることができる『ダーウィンが来た』。今まさに日本で話題になっているトピックスもてんこもりで、自然と夢中になってしまいます。パパママも勉強になる内容ばかりなので、親子でいっしょに楽しんでくださいね♪

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」