【スイスイおえかき カラフルシート】を使ってみたらおうち時間に最適♡1つだけ注意したいポイントは?

目次 目次

おえかきは楽しい!でもクレヨンの後始末が憂鬱…

筆者の1歳半になる息子はおえかき大好き♡
特にクレヨンを使うのが好きで、画用紙がいくらあっても足りません…。
クレヨンは手や服につくとなかなか落ちにくいうえに、机にはみ出たとき、つい「ここはダメ!」と制してしまいがち。

「子どもにはのびのびおえかきさせてあげたい!」
「でも、はみ出たクレヨンの後始末は憂鬱…。」

同じような悩みをお持ちのパパやママも多いのではないでしょうか?

そんなとき見つけたのがパイロットインキから発売の「スイスイおえかき カラフルシート」でした。
果たして、息子は気に入ってくれたのでしょうか?
実際に使ってみてわかったおすすめポイントと注意点をレポートします♪

「スイスイおえかき カラフルシート」のセット内容は?

わが家は「スイスイおえかき カラフルシート」を楽天市場で購入しました。

https://shop.r10s.jp/netbaby/cabinet/008/4977554230008.jpg

【商品概要】
商品名:スイスイおえかき カラフルシート
価格:税込4,378円
対象月齢:1.5歳以上
サイズ:78×100cm
重量:約650g
セット内容:布製おえかきシート(78×100cm)、専用ペン1本、専用スタンプカートリッジ×3個、専用ローラー

注文の翌日、A3サイズ位の箱が届きました。

筆者撮影

開封するとこのような感じです。

筆者撮影

おえかき用のペンだけでなく、水だけで使えるスタンプが3種類とローラースタンプも入っていました。

筆者撮影

ペンはキャップ部分を外して中に水を入れて使います。

【注意!】
キャップ部分の締める向きが、普通のネジとは逆になっています!
不良品かと思ってあやうく返品するところでした。
おそらくいたずら防止のために逆向きにしてあるんですね。
(ちゃんと説明書きに書いてあるのに読んでいませんでした…。)

「人間工学に基づいた持ちやすい設計」という言葉に惹かれ、こちらの別売りペンも購入してみました。
息子はかわいいイラストのついた付属ペンの方がお気に入りでしたが、私が使ってみた感想としては、指のおさまりがよくとても描きやすかったです!

https://image.rakuten.co.jp/auc-ookawaya/cabinet/46/4977554230923.jpg

【商品概要】
商品名:スイスイおえかき 専用ペン
価格:税込550円
対象年齢:1.5歳以上
セット内容:専用ペン1本

「スイスイおえかき カラフルシート」は、従来の「スイスイおえかき」シリーズよりも描ける面積が広くなったのが特徴です。

シートの色も2色から4色に!
シートのイラスト部分でぬりえ遊びもできるそうです。


筆者撮影

白い部分がおえかきできる範囲です。
周りにはかわいいイラストが♡
息子も、「わんわん!」「にゃーにゃ!」と嬉しそうに指さしていました。

「スイスイおえかき」は書き心地◎!10分で元通りに

実際にペンを使っておえかきしてみました!

筆者撮影

描き心地はなめらかで、普通のマジックペンで描いているような感覚です。
ペン先は柔らかめなので、まだ筆圧の加減が難しい小さな子どもにも使いやすそう♪

筆者撮影

さあどれくらいで消えるのでしょうか…?

筆者撮影

3分経過。
徐々に薄くなってきました。

筆者撮影

5分経過。
だいぶ薄くなりましたね。

筆者撮影

10分経過。
ほとんど見えなくなりました!

1歳半の息子も「スイスイおえかき」をお気に入り♡シートは端を抑えて使うのがおすすめ

息子にペンを渡してみると、はじめは普段のクレヨンとは違った感触に不思議そうにしていました。
「こうやっておえかきできるんだよ~。」とやって見せると、理解したのかおえかきに挑戦!

筆者撮影

いつもの画用紙より広い面積に描けるのが嬉しそうな様子でしたが、描くたびにシートがずれて少し描きづらそう。
シートの端を養生テープで床に貼ったり、重しを置いたりするのがおすすめです。

筆者撮影

ぐるぐるぐるぐる…すごい集中力でおえかきに没頭していました!
途中、床や自分の手にペンを当てていましたが、多少濡れるだけで汚れません。

後始末の心配がなくなった分、大人も広い心でおえかきを見守れるようになりました。

「スイスイおえかき カラフルシート」は実家のお泊りのお供にも便利!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」