風鈴を作って癒されよう|おすすめ工作動画7選

目次 目次

音が気になるなら“風鈴ふう”がおすすめ

集合住宅や住宅地などは、音が出ない“風鈴ふう”がおすすめ。風鈴を付けたくても、近隣への音が気になることがありますよね。今回ご紹介する風鈴は音が出ない風鈴ふうの工作もあります。本物は付けられないけれど、風情を楽しみたい人はぜひ作ってみてください。

音が出る風鈴は材料が限られてしまいますが、風鈴ふうなら材料の幅が広がるのもメリット。デコレーションやお絵描きも楽しめます。たくさん作って風に揺れる風鈴を楽しんでみませんか?

①クリアファイルで作る風鈴

クリアファイルを使った風鈴です。クリアな素材が涼し気ですね。水色や青・透明なクリアファイルなら、より夏らしさが増しますよ。たんざくはシールでデコレーションしてくださいね。

子どもだけで作るなら小学校5年生くらいがおすすめ。定規で計ったりカッターナイフを使ったりする工程が多くなっています。細かい作業が多いので、保護者があらかじめカットしておくといいですね。

用意するもの
・カッター
・定規
・目打ち
・両面テープ
・穴あけパンチ
・木工用ボンド
・シールやビーズ
・マスキングテープ

②紙コップ風鈴

紙コップに穴を開けて、鈴とたんざくを付けたら完成です!鈴が付いているので、風に揺れるとチリチリと可愛い音も楽しめますよ。透明なプラコップなら、油性ペンでデコレーションすればクリアな風鈴が作れます。

作り方はとてもかんたんなので、小学校2年生くらいから自分で作れます。ただし目打ちで穴を開ける作業や、たこ糸を縛る作業などは難しいかもしれません。保護者がサポートして作ってくださいね。

用意するもの
・紙コップ
・たこ糸
・つまようじ
・鈴
・画用紙
・目打ち
・デコレーションできるもの(シールなど)

③くるくる風鈴

風鈴のかさが風に当たると、クルクルと回ります。たんざくには小さな鈴が付いているので、見た目も音も楽しめる風鈴です。好きなイラストを描いて切るだけなので、比較的かんたんな工作になっています。

動画は幼稚園の先生が紹介しているので、とっても分かりやすいですよ。子どもだけで作るなら小学校3年生くらいからがおすすめ。保護者があらかじめカットする部分を書いておくなら、低学年くらいから1人で作れます。

用意するもの
・画用紙
・はさみ
・のり
・セロテープ
・油性ペン
・クレヨンや色えんぴつ
・たこ糸
・鈴

④ペットボトルの風鈴

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える