【0歳~】乳幼児 赤ちゃんにおすすめの絵本 6選|見てるだけで楽しい!

目次 目次

1.『いないいないばあ』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/515gsUkDjGL._SX445_BO1,204,203,200_.jpg

作:松谷みよ子
イラスト:瀬川康男

『いないいないばあ』は1967年に発売された絵本。発売から50年以上たった今でも多くの子どもたちに愛されています。

さまざまな動物たちが「いないないばあ!」をしてくることが魅力の本作品はそのわかりやすさと素朴なタッチで可愛らしいイラストがお子さんの目を引くこと間違いなしです。

言葉をまだ理解できないお子さんでも「いないないばあ」という動作などを覚えることができるので、楽しめるのではないでしょうか。ジェスチャーを交えながら読み聞かせてあげると良いかもしれません。

2.『スライムぴぴぴ』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41wOyf8ivNL._SX476_BO1,204,203,200_.jpg

作:原ペコリ
監修:長田かおり

『スライムぴぴぴ』は2019年に発売された絵本。
『ドラゴンクエスト』の大人気キャラクターであるぷよぷよしていて可愛いスライムを主人公とした物語です。

可愛らしくてさまざまな色のスライムたちの冒険を擬音とともに楽しく描いています。イラストも可愛らしく、カラフルな色彩の絵本なので小さなお子さんでも見て楽しめるのではないでしょうか。

登場する擬音をリズミカルに読み聞かせてあげるとお子さんも楽しく一緒に口ずさんでみたくなりそうな絵本です。

3.『やさいさん』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51U4sMf3LxL._SY492_BO1,204,203,200_.jpg

作:tupera tupera

『やさいさん』は2010年に発売した驚きいっぱいのしかけ絵本です。

可愛らしいにんじんやじゃがいもなどの野菜のイラストが魅力的な本作品の見どころはなんといってもやはりしかけ。土の下に隠れているいろいろな野菜たちがしかけと共に飛び出してきます。このびっくりなしかけにお子さんも喜びそうですね。

やさいさんの名前当てゲームなんでいうのも親子で楽しめるかもしれません。
同じくtupera tupera さんの作品で『くだものさん』という絵本もあるのでぜひチェックしてみてください。

4.『もこ もこもこ』

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/419iK9sh6JL._SX386_BO1,204,203,200_.jpg

作:谷川俊太郎
イラスト:元永定正

『もこ もこもこ』は1977年に発売した谷川俊太郎さん作の絵本。

谷川さんらしい独特な世界観を「もこもこ」などのさまざまな音とともに楽しむことができます。とにかく不思議で奇妙な世界に迷い込んだような錯覚に陥る本作品は、お子さんだけではなくお母さんも一緒に夢中になってしまいそうですね。

元永定正さんのイラストもとても幻想的で魅力的。芸術作品と言っても過言ではないような大人でも楽しめる見て感じる絵本です。

5.『がたん ごとん がたん ごとん』

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「パーラービーズ」で遊んでみた動画

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中