3歳の子どもに見せたいおすすめの映画 5選

目次 目次

第5位「トイ・ストーリー」

画像出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81JVKrsmlHL._SX450_.jpg

「トイ・ストーリー」は、映画だけでなくテレビアニメやウェブアニメにもなっている長編シリーズで「トイ・ストーリー」は記念すべき映画の第一作目!

もしかすると、「これ映画館で観たんだよ!」というパパ・ママがいるかもしれませんね。

「トイ・ストーリー」の主人公は、アンディ(おもちゃの持ち主)のおもちゃ、ウッディです。

「トイ・ストーリー」では、アンディの誕生日に、バズ・ライトイヤー(通称・バズ)がプレゼントされます。

バズは当時大人気のおもちゃで、アンディは大喜び!

今までアンディの一番のお気に入りだったウッディは、一番のお気に入りが自分ではなくバズになってしまうのではないかと気が気でありません。

いっぽうバズは、自分がおもちゃではなく、本物のスペース・レンジャーだと信じています。

そんな二人がひょんなことでアンディの家から飛び出してしまい、運が悪いことにおもちゃ破壊者のシド(隣の男の子)に捕まってしまいます。

アンディとバズは無事にアンディの元に戻れるのか、ハラハラ×ドキドキするストーリーは家族みんな楽しめると思います!

そして「トイ・ストーリー」を観ることにより、子どもに「おもちゃにも心があるかもしれない。大切にしなきゃダメだよ?」とおもちゃを大切にすることを教えるきっかけになるでしょう。

また最新作でなく、どうして「トイ・ストーリー」がおすすめなのかというと、「トイ・ストーリー」は回数を重ねるごとに仲間が増えていき、前作を知らないと面白さが伝わりにくい点があるからです。

さらに「トイ・ストーリー3」や「トイ・ストーリー4」は、甘酸っぱい恋愛要素も加わってくるので、もうすこし大きくなった子どものほうがより楽しめるでしょう。

第4位「怪盗グルーの月泥棒」

「怪盗グルーの月泥棒」は、『ミニオンズ』の映画第一作目の作品です。

『ミニオンズ』は、チキータバナナとコラボしているのでバナナ売り場、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのCM、文房具など目にすることが多いのではないでしょうか。

もしかすると、『ミニオンズ』の映画を見たことがなくても、『ミニオンズ』は知っているという子どもたちもいるかもしれません。

「怪盗グルーの月泥棒」では、怪盗軍団ミニオンの長、グルーは怪盗稼業が上手くいかずライバルのベクターに先を越されたことからストーリーがはじまります。

怪盗としては落ち目だとバカにされたグルーは、名誉挽回するためになんと「月」を盗むことを決意!

そのときに協力者として養護施設で暮らす三姉妹を養子に迎えるのですが、この三姉妹の性格がまったく違っていて面白いんですよね!

グルーと『ミニオンズ』、そして三姉妹は目標達成のミッションをクリアしていく中で徐々に絆を強めていきます。

思わずグルーたちを応援して見入ってしまう「怪盗グルーの月泥棒」は、家族の絆や大切さを再認識させてくれるでしょう。

また『ミニオンズ』は、ミニオン語を話すので、何と言っているのかわかりません笑

ただハチャメチャな動きや話し方は3歳児の笑いのツボに入るかもしれません。「『ミニオンズ』を見た後は、『ミニオンズ』のモノマネをしていたよ!」という話もママ友からよく聞きました。

第3位「モンスターズ・インク」

「モンスターズ・インク」は、子どもを怖がらせたときに発生するエネルギーを集めるモンスターズ株式会社で働くモンスター、マイクとサリーが繰り広げるストーリーから目が離せません!

「モンスターズ・インク」のあらすじは、モンスターたちの世界に迷い込んだ人間の女の子、ブーを人間界に戻そうとするストーリー。

いつもは自分たちが怖がらせている人間の子どもですが、モンスターの世界では「人間の子どもは汚染物質」という認識なので、最初はマイクとサリーがブーに恐怖を覚えています。

ただしブーを人間の世界に戻す過程で、マイクとサリー、そしてブーの中には友情が芽生えはじめます。

ストーリーの途中で、マイクとサリーを目の敵にするライバルのランドールが現れ、手に汗握る展開に!

ブーが、ちょうど2歳半~3歳ぐらいの設定なので、3歳の子どもたちは共感しながら楽しめるのではないでしょうか?

この映画をでは「あきらめずにトライする」ことが大切だと気づかされます。3歳の子どもはまだそこまでの気持ちにはならないかもしれませんが、「いつもより1つ多くブロックを積み上げるぞ!」という気持ちになってくれたら、パパ・ママとしては嬉しいですね。

第2位「映画 それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島」

3歳の子どもが大好きなキャラクター代表といえば「アンパンマン」!アンパンマンの映画は外せませんよね!

数多いアンパンマンの作品の中でイチオシしたいのが、24作目の「映画 それいけ!アンパンマン よみがえれバナナ島」です。

この作品の舞台は、「バナナ祭り」を開催する予定の「バナナ島」。南の島なのに原因不明の寒波に襲われ、島中のバナナが枯れてしまいます。

アンパンマンと仲間たちは、バナナ島の美しい自然(バナナ)を取り戻せるのか、笑いあり、感動あり、最後は楽しい気持ちになれる、そんなストーリーです。

この作品をオススメしたい理由は、この作品に登場する『ばいきんまん』がいい奴だという、今までにない内容だったからです。

『ばいきんまん』といったら、アンパンマンの引き立て役、ドキンちゃんに振り回される情けない悪役というイメージですが、この作品の『ばいきんまん』はヒーローと言っても過言ではありません。

この作品を見て、仲間にもいろいろなカタチがある、あまり仲がよくなくても目標があれば協力しあえること。子どもたちにそんな人間模様を感じ取ってもらえたらいいなとオススメしました。

第1位「映画ドラえもん のび太の新恐竜」

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える