家族で・子どもと楽しめるおすすめのテーブルゲーム6選【お家で遊べる!】

目次 目次

1.人生ゲーム

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81cBlGGr3-L._AC_SL1100_.jpg

「人生ゲーム」は1968年に発売を開始ししたアメリカ生まれの定番ボードゲームです。

プレイヤーそれぞれが車に乗り込みゲームがスタート!職を見つけお金を稼いだり、結婚したり子どもが生まれたりととまるで本当の人生のような生活を人生ゲームで体験することができます。

ルールは山あり谷ありの人生をくぐり抜けて最終的にお金を一番持っている人の優勝というシンプルなゲームです。

プレイ人数:2~6人
対象年齢は:6歳から

2.モノポリー

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ASaQc1qnL._AC_SL1200_.jpg

「モノポリー」は20世紀初頭にアメリカで生まれたボードゲームです。

アメリカらしいゲームでルールで基本は土地を購入しその土地をレンタルしたり競売に参加したりすることで、お金を稼いでいきます。そして最後まで破産しなかったプレイヤーの勝利。

一見すると難しいゲームのように見えますが、ルールを覚えてコツを掴んでしまえば意外と簡単。一度やるとハマってしまう面白さです。「モノポリー」は世界中で愛されている大人気のゲームです。ですが、対象年齢が8歳以上ということであまり小さなお子さんには向かないゲームかもれません。

プレイ人数:2~8人
対象年齢は:8歳から

3.街コロ

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/715NrkdLYBL._AC_SL1488_.jpg

「街コロ」は2012年に発売された日本のカードゲームです。

ルールは簡単。自分の街を育てていくというものです。街を育てながら4つの大型施設を完成させたプレイヤーが勝利します。

サイコロを使ってプレイするゲームでありルールも分かりやすくすぐに覚えることができるので、小さなお子さんでも簡単に遊ぶことができるのではないでしょうか。イラストの可愛らしさも魅力のカードゲームです。

約30分でプレイできることからちょっとした空き時間に家族で楽しめるゲームですね。

プレイ人数:2~4人
対象年齢は:7歳から

4.クルード

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81%2By%2B9CdGdL._AC_SL1500_.jpg

「クルード」は1943年にイギリスで誕生したボードゲーム。

大富豪の邸宅で起きた失踪事件の真相を追っていくミステリーゲームです。
誰が犯人なのか、凶器はなんなのかなど事件の真相を探って推理し、真相を正しく言い当てたプレイヤーが勝者となります。

謎解き要素が満載のゲームでまるで自分が名探偵になったかのような気持ちになれるので、お子さんも楽しめること間違いなし!こちらも対象年齢は8歳からと少し高めなので、さまざまなことが理解できるようになったお子さんと遊んでみてはいかがでしょうか。

プレイ人数:2~6人
対象年齢は:8歳から

5.ラビリンス

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」