『クジラと海洋生物たちの社会』レビュー:クジラは私たちと似ている?明かされる秘密

目次 目次

2021年4月22日の「アースデー」に、海洋ドキュメンタリー『クジラと海洋生物たちの社会(原題:Secrets of the Whales)』が、ディズニープラスで配信されました。私たちが住む地球や環境について考えて行動する日が、「アースデー(earth day)」です。

有名監督が担当

このドキュメンタリーは、ナショナル・ジオグラフィック制作によるディズニープラスオリジナル作品です。映画『アバター』や『タイタニック』を手掛けたジェームズ・キャメロンが、このドキュメンタリーの監督を担当しました。

3年かけて制作し、世界24ヶ所でクジラに密着

世界が認める水中カメラマンのブライアン・スケリーさんが、クジラたちの撮影を担当。彼はナショナル・ジオグラフィックのカメラマンとして活躍しています。3年におよぶ制作期間を費やして、世界24ヶ所でクジラたちの姿を撮りに行ったそう。

彼はナショナル・ジオグラフィックで記事も書いています。絶滅危惧種のクジラに関する記事を書いた後、2008年にこのドキュメンタリーのコンセプトを考案しました。長い時間をかけて、ようやく実現したドキュメンタリー番組だったんですね。

世界的に認められたカメラマンと監督、環境を愛する人たちが協力して製作。最先端の撮影技術を駆使して、「世界初」のクジラたちの映像や生態が映し出されます。ナレーションを務めたのは、環境保護活動に力をいれているシガーニー・ウィーバー。ブライアン・スケリーさんの写真技術は、ため息がでるほど美しくて感動します。

レビューサイトで高評価

https://www.imdb.com/title/tt12824750/

『クジラと海洋生物たちの社会(原題:Secrets of the Whales)』は、ミニドキュメンタリーシリーズです。シーズン1で、全4話で構成されています。1話40分ほどなのですが、壮大で美しい映像に惹き込まれてあっという間に終わります。北米の有名レビューサイト「IMDb」では、★10のうち8.7と高評価。

クジラたちも人間みたいな行動をとる?

シャチ、ザトウクジラ、ベルーガ、イッカク、マッコウクジラという5つの異なるクジラに密着。今も謎が多いクジラたちの生態を解明し、クジラ一族の行動が私たち人間と似ていることを教えてくれます。

クジラたちも友情を育み、社会性を大切にして、自分たちの文化や伝統を子供たちに伝えていくのです。音を使って家族や友達とコミュニーケーションをしたり、遊んだりする姿が愛らしいです。

「世界初」の映像がいっぱい

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」