【0〜2歳向け】2020年最新!ひと工夫のある「ボール」おもちゃ5選

目次 目次

0歳・1歳・2歳━━指と手の感覚を育てるのに、ボールが最適!

0歳は「ニギニギで」!

手を「グーパー」と動かしだしたら、ボールを渡してみて!上手につかむことで、手や指の感覚を覚えることができます。

色鮮やかなボールは、まだ目がハッキリと見えない赤ちゃんにとっても、目で追いやすいおもちゃなので視覚的にも有効です。

「もうすぐ寝返りがうてそう!」という時期には、ボールをコロコロと転がしてスムーズな寝返りを促してあげるのにも活用できます。夢中でボールを追っていたら「コロン」と自然に寝返りが打てるようになるかもしれませんよ。

ただし、0歳児はまだ手の力が弱いため、重いボールやツルツルして掴みにくいボール、大きすぎるボールは向きません。色鮮やかで、小さい手でも掴みやすいボールが向いているでしょう。

1歳からは「投げやすいボール」

1歳になるとハイハイやあんよが上手になり、ボールを追いかけて遊ぶことができるようになります。そのため、手で簡単に投げられるよう軽いボールを選ぶのがポイントです。また、当たっても痛くない柔らかい素材を選びましょう。

不思議な感触のボールも、指先や手のひらの感覚を養うのに効果的です。いろいろな素材のボールが販売されているので、ちょっと不思議なボールを使ってみるのもオススメ。

1歳の子どもは何でも口に入れる時期なので、生えてきた歯で噛みちぎれるものは避けた方がよいでしょう。

2歳は「考える力」を養う

活発に動き出す2歳には、全身を使って楽しく遊べるボールがオススメ。外で投げたり蹴ったりしても平気なボールや、投げるとよく跳ねるボールなどが人気です。

また、不思議な音がするボールや仕掛けのあるボールも、思考力を高めるのにピッタリ。不思議な形のボールなら、好奇心を高めるのにもつながるでしょう。

2歳になってもまだ誤飲の危険性があるため、ピンポン玉やビーズ大の小さいボールは控え、小さな手でも持ちやすいテニスボール以上の大きさがオススメです。

飛んだり転がってくるボールを上手にキャッチできるようになるため、親子で声がけしながら投げ合って一緒に楽しんでみましょう!

①Oball(オーボール) ラトル

https://item.rakuten.co.jp/dadcco/pg-or/

赤ちゃん用ボールの定番「オーボール」!ご存知の方も多いのでは?その中でも「ラトル」は、転がしたり投げたりするたびにビーズの音が鳴るしくみがあります。

小さな赤ちゃんの手でも掴みやすい構造をしており、口に入れても安全な素材でできているので0歳から使えます。オプションで販売されているストラップを付けて、ベビーカーやチャイルドシートに取り付けておくのにも◎。柔らかい素材で当たっても痛くないので、1歳や2歳になっても投げたり蹴ったりして遊ぶことができます。

ほかにも、哺乳瓶がセットでき、自分で持って飲めるしくみのものなど、オーボールはさまざまなシリーズが展開されています。出産祝いにも選ばれており、気に入ったら別シリーズを購入してみるのもオススメ!

空気の入ったボールと違い、多少乱暴に扱っても穴が空く心配がなく、水の中でも遊べる大人気のおもちゃです。

②オゴスポーツ(OgoSports)ボール型歯がためボリィ(bolli)

https://item.rakuten.co.jp/vehicles/49483272480/

オーボールに少し形が似ていますが、歯固めとしても使える不思議な素材のおもちゃです。
柔らかい素材で安全に噛むことができるのが特徴で、小さい手でも握りやすい太さになっています。

伸縮性に優れ、親子で引っ張り合って遊ぶことも。汚れても簡単に洗えて、電子レンジや薬剤、煮沸での消毒も可能なため、衛生面で安心な点からも人気があります。

太めに作られているから、オーボールをうまく握れなかった子にもオススメ!球状ではないので、投げると不思議な跳ね方をするオゴスポーツは、1歳や2歳になっても好奇心をくすぐるおもちゃとして使えますよ。

③Volley(ボリー) しわくちゃボール

https://item.rakuten.co.jp/natural-living/bornelund_volley_vo090gb_blue/

ギュッと握ると小さくしわくちゃになって、手を離すと元に戻る不思議なボールです。

ドイツのボリー社によって開発されたこのしわくちゃボール。赤ちゃんからお年寄りまで、障がいのある人もない人も全ての人が安全に遊べるボールとしてヨーロッパ全土で広く知られており、幼稚園や小学校でも使われています。

表面はザラザラしているので小さな子どもの手でも握りやすく、すべりにくい素材。当たっても痛くないやわらかさで、ぎゅ〜っと体重をかけてもパンクしません。

大きさは7cm、9cm、15cmと成長ごとに選べるので、2歳、3歳……と大きくなったらサイズアップして楽しむこともできます。

④crocodile creek(クロコダイルクリーク)Playball(プレイボール)

関連記事