おいしそうなパンが登場!パンを題材にした絵本おすすめ5選

目次 目次

【おすすめ⑤】からすのパンやさん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51NF1HoQiFL._SX401_BO1,204,203,200_.jpg

1973年に発売された『からすのパンやさん』はかこさとしさんの代表作の1つで長年愛され続けている絵本です。

カラスの家族のお話で、はとパンやみかんパン、グローブパンなどの変わった形のかわいいパンやおいしそうなツヤツヤのパンが登場します。

家族のあたたかさや子どもの無邪気さ、家族で協力する大切さなど読み終わる頃には心がほっとする絵本です。

他にも『からすのおかしやさん』や『からすのそばやさん』など全部で5種類のからすシリーズがあります。

【あらすじ】
カラスの町・いずみがもりにある1軒の売れないパン屋さんに4羽のあかちゃんが生まれました。
4羽はそれぞれ色が異なり、オモチちゃん・レモンちゃん・リンゴちゃん・チョコちゃんと名付けられます。お父さんとお母さんは優しく大事に育てますが、赤ちゃんが小さいうちは大忙し!

【商品詳細】
■作:かこさとし
■対象年齢:3歳頃~
■発行:1973年9月
■サイズ:26.0.×21.0cm
■ページ数:32ページ

おいしそうなパンの絵本で癒されよう!

PIXTA パン盛合わせ

このページでご紹介した以外にもおいしそうなパンが登場するオシャレな絵本や、面白い絵本がたくさんあります。

目で見て癒されて、ストーリーにほっこりできる絵本が数多くあるのでぜひ本屋さんや図書館などで見つけたら手に取ってみてください。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」