こどもの日には何食べる? 子どもと作りたい「こいのぼりスイーツ&ディッシュ」レシピ7選

目次 目次

ひな祭りはちらし寿司。こどもの日は何を食べる?

お正月はおせち料理、ひな祭りはちらし寿司…というイメージがあります。では、こどもの日には何を食べたらいいんでしょう? 柏餅やちまきは浮かびますが、メインディッシュは思いつかない人も多いのではないでしょうか。

だからといって、いつもと同じ献立では少し寂しい気もします。作りたいのは、簡単なのに特別で、子どもも手伝いたくなるメニュー。この記事では、そんな「こどもの日メニュー」を紹介します。

こどもの日のメインディッシュ「こいのぼりのオムライス」

【簡単レシピ】失敗なし!こどもの日のオムライス

<材料>
ケチャップライス 適量
卵 2個
マヨネーズ 
ケチャップ

<作り方>
①卵を溶いてマヨネーズ(小さじ1程度)を混ぜる

②フライパンに油を熱し、卵を焼く

③焼いた卵をラップに移し、中央にケチャップライスをのせる

④ラップを持ち上げて卵を折りたたみ、横長の形にまとめる

⑤お皿をかぶせてひっくり返す

⑥右サイドの卵をお箸でキュッと押し込んで、尾びれの形に整える

⑦ケチャップとマヨネーズでラインを引く

⑧お箸をスーッと滑らせて、マーブル模様で鱗を作る

⑨マヨネーズとソースで目玉を描く

⑩ソースで尾びれの線を引く

複雑そうに見えますが、意外と簡単に作れる鯉のぼりのオムライス。鱗の模様や目玉を描く工程は、お子さまと一緒に楽しめそうですね。

簡単なのに間違いなし「こいのぼりソーセージ」

【鯉のぼり】おさかなソーセージの作り方

<材料>
短めのソーセージ
チーズ
海苔
マヨネーズ

<作り方>
①ソーセージの片側を三角に切り取り、尾びれを作る

②カッターやナイフを使用して、鱗もようを付ける

③フライパンで焼く。焼き色が付いたら取り出して、しっかり冷ます

④チーズと海苔を丸くカットして、目玉を作る

⑤マヨネーズで目玉を貼り付ける

チーズの代わりに薄焼き卵でも大丈夫です。長めのピックに2~3匹刺すと、こいのぼり感がアップしますね。

サクサクかわいい「こいのぼりラスク」

さくさく!こどもの日に!「こいのぼりラスク」

<材料>
食パン
バター 20g
グラニュー糖 10g

<作り方>
①食パンを鯉のぼりの形にカットする

②バターとグラニュー糖を湯煎で溶かし、カットした食パンに塗る

③150℃のオーブンで20分ほど焼く

④チョコレートで目や鱗の模様を描き、粗熱をとる

カラー粉砂糖を使用して、カラフルな鯉のぼりを作っても楽しいですね。

1歳頃から食べられる「こいのぼりオープンサンド」

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える