【春のお散歩絵本7選!】なんの花?なんていう鳥?これは何?【お散歩中のなに?に答える自然の絵本】

目次 目次

あたたかな日差し、やわらかな風!
春って心が浮き立ちますね。

このお花何? うーん、サクラとタンポポならわかるけれど……?
あの声はなんの鳥? うーん、ウグイスしか分からない……。
私、子どもに訊かれるまで調べたことなんてありませんでした。
丸憶えなんてできないし……!

そこで持ち歩きできるくらいの、図鑑より親しみやすい絵本をお勧めします。
ポケット図鑑に進む一歩手前のお子さまにぜひどうぞ。

玄関を出てお散歩を始めたら、ご近所さんのお庭にたくさんお花が咲いています。

1. 庭に咲く花えほん

庭に咲く花えほん

Amazonより

【出版社】あすなろ書房 【著】前田 まゆみ 【定価】本体価格: ¥1,500 +税

春だけではなく四季の庭に咲く花えほんです。
こちらは、お花の特徴や名前だけでなく育て方までのっています。
花壇に見えるお花、あれってなんのお花?

春のお花はチューリップ、ヒヤシンス、アネモネなどが載っています。
お買い物中、ちょっと道草してみませんか。
球根や種を植えてみるのもいいかもしれません。

どこからか鳥の声が聞こえてきます。

2. とりがないてるよ

とりがないてるよ

Amazonより

【出版社】福音館書店【著】ヨアル・ティーベリ【絵】アンナ・ベングトソン 【訳】 オスターグレン 晴子【定価】本体価格: ¥1,000 +税

スウェーデンの詩人が鳴き声を表現した絵本です。
登場するのは13種類の鳥。
日本にはいない鳥もいますが、声の特徴を捉えて表現した珍しい絵本です。
アオガラがツィスィーツィスィー、カササギはカシャカシャ、スズメはチュチュチュ。
鳥の声って意識していないと、どの声がどんな鳥、なんて全然分かりませんね。
どこかから聞こえてきた鳥の声、なんの鳥かな?
お散歩がますます楽しくなりそうです。

お弁当を用意してピクニックなんて素敵!

3. 14ひきのぴくにっく

14ひきのぴくにっく

Amazonより

【出版社】童心社 【著】いわむら かずお 【定価】本体価格: ¥1,200 +税

春の喜びに満ちたピクニックのお話です。
つくしにレンゲ、タンポポにトノサマガエル……
絵本に登場する生き物も植物も丁寧に書き込まれて、それぞれの特徴をきちんと表現しています。
それ以上に、春の命の輝きに満ちた森やキラキラした小川、楽しい子供たちのウキウキした気持ち!
読んでいると胸が高鳴ります。

見返しには植物の名前がついていて、簡単な図鑑になっています。

遊具もおもちゃもなくても、草花でたくさん遊べるんです。

4. あそびずかん はるのまき

あそびずかん はるのまき

Amazonより

【出版社】小峰書店 【著】かこ さとし 【定価】本体価格: ¥1,500 +税

草ずもうってやったことありますか?
野原や河原はおもちゃや遊具がなくても遊ぶものがたくさんあるんです。
シロツメクサやレンゲで花の冠、指輪。
ツツジの花びらで花輪をつくったり。
足を止めて、草花を摘んでみませんか?

初めての図鑑にどうぞ! 花言葉もあります!

5. くさばな

関連記事