『劇場版名探偵コナン 緋色の弾丸』最速レビュー 家族でみたい要素いっぱいの胸アツ映画だった!

目次 目次

ここからはネタバレあり! のおすすめポイントを紹介

以下は、本編の内容に絡んだおすすめポイントをご紹介しています。
まだ観ていない方、ネタバレになる内容は知りたくない! という方はご注意くださいね。

おすすめポイント④ 灰原哀ちゃんの科学の知識

先程お伝えした通り、今回の映画では、本当に登場人物みんなに活躍の場があってキャラクター一人ひとりが目立っているのですが、その中でも格段に際立っていたのが、灰原哀ちゃんです。

超電導リニアには強い磁力が働いており、それゆえに起こる中盤から終盤のトラブルなど、科学の領域。哀ちゃんの本当の年齢(宮野志保)でもまだ10代なのですが、優れた科学者として活躍していた過去を持つので、今回の内容はまさに得意分野だというわけです。

コナンすらも知らない知識を持っていて、それをもとに事件のきっかけに気づき、先回りして対処したり解明したりできるところは、これまでにはない活躍ぶりです。これまでも、コナンのアシスタント、相棒といった立ち位置で活躍してきていて、コナンの推理やその支えとして欠かせない存在ではあったのですが、今回はコナンを先導するようなところがありました。

普段はコナンに向けて発せられる「あなたは何者...!?」という大人からのセリフにも、華麗にキュートに返していて、これまでのコナンに触れている人であれば、きっと心奪われるシーンだったはずです。

コナンや他の人のピンチを救い、助ける哀ちゃんが、原作や映画を重ねるごとに魅力的になっていくのも嬉しいですね。

おすすめポイント⑤ 園子の優しさがにじみ出ていた

今回これまでの映画と比較して珍しかったのは、園子の両親も登場していたことです。しかも序盤で事件にも絡んでくるので、筆者としては意外な展開を迎えた部分でした。

なぜ園子の両親が本作での事件に絡んだのか、それは劇中で追々明かされていくのですが、それとはまた別に、園子の優しさがにじみ出る場面がたくさんありました。

リニアへのプレミア試乗券を少年探偵団の子どもたちに譲ったり、仮面ヤイバーのショーに付き添ったりと、保護者的な立ち位置で活躍していました。劇場版前作の「紺青の拳」では、園子のボーイフレンドである京極真とともにラブコメの中心にいた存在でしたが、また違った一面が見られました。

おすすめポイント⑥ 映画では珍しい毛利家の食卓シーン

TVアニメなどではよく見るシーンかもしれませんが、劇場版はとにかくスケールが大きくて展開もハードに進んでいくので、今回のような毛利家の食卓シーンはあまり見られませんでした。

今回は、蘭の作ったとんかつを食べながら、小五郎とコナンと3人で食事をしている場面があり、短い場面ではあるのですが、意外な部分でした。

とくに食事中の小五郎のセリフや、振る舞いにもメッセージ性があり、本作になくてはならない場面になっていたのも印象的です。お味噌汁をこぼして、蘭に服を脱がせてもらっている場面は、面白おかしくもあり、家族らしい場面でもありましたね。

本作は赤井ファミリーの関係性を描いているのもあって、園子の家族、蘭の家族など主要キャラクターの家族模様も描きたかったのかもしれませんね。

おすすめポイント⑦ 赤井秀一の弟・羽田秀吉の将棋の活かしかた

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × おほしさまちゃんねる|ハピクラワールド

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える