ジャンピングボードってなに?トランポリンとの違いや使い方とおすすめ商品5選!

目次 目次

ジャンピングボードって何?

子どもは、跳んだり跳ねたりするのが大好きな子が多いです。室内で過ごすことが多い今、子どもの運動不足も心配ですね。そんなときにピッタリなのがジャンピングボードです。ジャンピングボードは、トランポリンのように飛んだり跳ねたりして遊べるグッズ。トランポリンと似ているため、購入を考えた際にどちらがいいのか迷われる方もいるのではないでしょうか。小さな子どもが使う場合や、安全性が気になる方にはジャンピングボードがおすすめですよ。

トランポリンとの違いは?

トランポリンとの大きな違いは、跳ねすぎないことです。安全性が考慮され、跳ねすぎない設計のため落下しにくく、小さな子どもも安心して使えます。
丸形のトランポリンに対し四角いジャンピングボードは、飛躍面も大きいため跳ねたときにバランスがとりやすいのも特徴です。
また一般的なトランポリンにはスチールフレームやバネがありますが、ジャンピングボードはプラスチックのスプリングとEVA素材のボードのみのため、ケガの危険が少ないメリットも。
このほか、脚が簡単に外せるものが多いため収納にも便利な点や、騒音の心配が少ない点もトランポリンとの違いとしてあげられます。

使い方と注意点

子どもも大人も使えるジャンピングボードの使い方は、ボードの上で跳ねるだけなのでとても簡単です。子どもの筋力アップやバランス感覚を育てるのに役立ち、大人の運動不足解消からダイエットまで幅広く使える魅力があります。
トランポリンでは、「組立時に指を挟まないようにしてください」や「跳び方によっては地面に接することがあります」などの注意書きがされていることがあります。一方ジャンピングボードではこのような注意書きは見られません。ただし、使用に伴う注意点として以下のような項目があげられます。

・水平な場所で使うこと
・踏み台にするなど飛び跳ねる以外の使用目的では使わないこと
・耐荷重を守ること
・小学生以下が使用する場合には成人の方が付き添う

これらを守って使用するようにしましょう。

①ジャンピングボード

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61nqtPoDGzL._AC_SL1200_.jpg

室内で安全に遊べる工夫がたくさん盛り込まれた「ジャンピングボード」は、跳ねすぎないことにより落下の危険が少なく、安心して遊べます。高さが低いため、万が一落下してもケガをしにくいのもポイントです。このほかにも跳躍面が広いことや、バネのないプラスチックフレームにより、ケガの危険が少ない設計になっています。シンプルなデザインなので、インテリアに馴染みやすいのも魅力です。

商品名:ジャンピングボード
対象年齢:3歳から
サイズ:幅70×奥行70×高さ13.5cm
重量:約4.8kg
耐荷重:100㎏
価格:各販売店にてご参照ください

②エアボード

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

Rakuten ABCmouse × おほしさまちゃんねる|ハピクラワールド

Rakuten ABCmouse × ひなゆめワールド|ハピクラワールド

学びの秋を応援!楽しく学べる楽習教室「ドラキッズ」

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える