藤井聡太棋士が遊んでいた「キュボロ」は子どもの「考える力」を伸ばすのにおすすめ

目次 目次

キュボロ スタンダード

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aom0AdJhL._AC_SL1000_.jpg

「キュボロ スタンダード」は12種類のパーツが54個、ビー玉が5個のセットです。

まずはキュボロに慣れさせたいという人は、「キュボロ スタンダード」がおすすめです。

希望小売価格:オープン価格
対象年齢:5歳以上

キュボロ ベーシス

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61dooxaMe9L._AC_SL1000_.jpg

「キュボロ ベーシス」は12種類のパーツが30個、ビー玉が5個のセットです。

内容はスタンダードとほぼ同じですが、パーツの数がやや少なめ。

まずはキュボロで遊ばせたい。本当に遊ぶなら拡張パーツなどを購入して遊びの幅を広げたい。

そんな人には、「キュボロ ベーシス」がおすすめです。

希望小売価格:オープン価格
対象年齢:5歳以上

キュボロ クゴリーノ・スタート

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41vKI3u3e2L._AC_.jpg

「キュボロ クゴリーノ・スタート」は17種類のパーツが27個、ビー玉が6個のセットです。

パーツの種類は多めですが、溝や穴がほかのキュボロシリーズよりもわかりやすく、視覚的に組み立てることができるのが特徴。

このシリーズは3歳から遊べるので、早くからキュボロで遊ばせたいなら「キュボロ クゴリーノ・スタート」がおすすめです。

希望小売価格:オープン価格
対象年齢:3歳以上

「キュボロ」で遊んで、親子で考える力を伸ばそう!

「キュボロ」は、子どもだけではなく大人も楽しく遊べるおもちゃです。

むしろ、Amazonで「キュボロ」の口コミを見ると「自分のほうがハマってしまいました!」という意見も寄せられていました。

さらに大人と一緒に遊ぶことで、子どもは「分解する」、「分析する」といったプログラミング的思考を伸ばすチャンスが増えます。

子どもは学べる、大人は脳のストレッチになる、何より親子のコミュニケーションを楽しめる。

ぜひ、子どもと一緒に「キュボロ」で遊びましょう!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える