満開の桜を食事でも楽しもう! 桜料理&お菓子、ドリンク6選

目次 目次

桜ごはん

桜ごはんのお花見ランチ おうちでお花見 さくら御膳 桜御膳

桜の花を使って、桜の炊き込みご飯を作ってみるのはいかがでしょうか。

桜の花の塩漬けを使えば、良い具合に白米にも味付けがされて、複雑に調味料を入れたり、具材をたくさん入れたりしなくても美味しい炊き込みご飯ができあがります。

しっかりと出汁の味がご飯に染み込むように、昆布や顆粒だしなどを使うのがおすすめです。あとは通常入れている水の量を少し減らし、料理酒を一回しするだけ。桜の塩漬けと白米だけで美味しく豪華に炊きあがります。

桜の花びらは、一緒に炊くものとは別に取っておいて、最後の飾り付けに散らしてあげるときれいな盛り付けになります。具材を豪華にしたいという方は、色が白米に移ってしまいそうな濃い色の野菜などは控えて、白系の野菜やきのこなどを加えるときれいなピンク色で炊きあがりますよ。

桜をちらしたカルパッチョ

カルパッチョ

カルパッチョというだけでも、豪華な料理の一品ですが、そこに桜の花びらが散らされていたらより春を感じられる一皿になりそうです。もちろん、カルパッチョにする鮮魚は、スーパーなどで売っているお刺身で良いので、こちらも手間が少なく家でも作りやすいです。

おめでたいことの多い季節ですので、鯛なども良いですし、お子さんが好きな魚のリクエストを聞いて、それをカルパッチョにするのも良いですね。パプリカなどカラフルな野菜を刻んで盛り付けると、より華やかな一品になります。

ただし、生の魚が苦手なお子さんや、まだ刺し身を食べ慣れていないお子さんもいらっしゃると思います。その場合には、焼き魚にしたり、煮魚にしても良いですね。白身魚をつかうと、桜色のピンクが映えてきれいな彩りになります。食べられるもので普段より豪華に、美しい料理ができると嬉しいですよね。

桜ドリンク

桜ラテ

桜は、料理だけでなく、ドリンクやお菓子にも幅広く使用できる食材のひとつです。こちらも桜の塩漬けをつかいます。

一番簡単な方法としては、ホットミルクのうえに桜の塩漬けを散らすことです。はちみつや砂糖などで少しミルクに甘さを加えておくと、これだけで十分カフェに来たかのような美味しいドリンクを楽しむことができます。

桜の塩漬けをミルクと一緒に鍋にかけて煮出してしまうと塩味が強すぎるので、イチゴなどを使って一緒にミルクと混ぜておくのも良いですね。イチゴミルクをつくった上で、そこに桜を散らすと、塩味が甘みをより強調してくれるので高級ドリンクが出来上がります。

生のいちごをコトコト煮込むのが手間な場合には、イチゴジャムで代用しても構いません。いちごジャムなら甘みの調整もしなくて澄み、ミルクにほんのりピンク色もついて桜との相性も良いのでおすすめです。

桜茶

桜茶 さくら茶

お茶のなかで静かに花びらが開いて浮かんでいる桜は幻想的でおしゃれで、幸せを感じさせてくれます。子どもには甘さのあるミルクを使ったラテなどのほうが人気かもしれませんが、お母さんやお父さん、お祝い事で家族が集まる場合など大人にはこの桜茶の美味しさが染み渡るのではないでしょうか。

緑茶のなかに桜の塩漬けを浮かべても良いですし、お湯に注いで桜だけの香りを感じるのも良いですね。

また、桜入りの緑茶など、自分で桜を別に用意する必要なく、桜茶を楽しめるティーバックなども販売されています。塩漬けも良いですが、乾燥した桜のチップが入っているお茶も、ほんのりと桜の香りが楽しめて良いですよ。

桜クッキー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える