写真だけで名前がわかる!《植物図鑑アプリ》おすすめ5選

目次 目次

どうして写真だけで植物の名前がわかるの?

写真をアップロードしたり、スマホの画面にうつすだけで植物の名前がわかる不思議なアプリ。一体どういう仕組みになのでしょうか?

実は、そういったアプリにはAI(人工知能)が搭載されています。AIが写真や画面にうつった植物を自動判別して、データベースの中から該当する名前を表示させているというわけです。機械的に判断しているので、写真のうつりが悪いとうまく判別できない場合もあります。

AI植物図鑑アプリを利用する場合は、気になる植物をできるだけ中央に、はっきりとうつすようにしましょう。

① GreenSnap

「GreenSnap」はSNS機能が搭載された植物図鑑アプリです。撮った写真をAIが判断して品種名を教えてくれるのはもちろんのこと、投稿した画像は他のユーザーから回答をもらえる可能性もあります。

タイムラインには他のユーザーが投稿した植物の写真やコメントが一覧表示され、気に入った写真に「いいね」をつけたり、素敵な写真を投稿しているユーザーを「フォロー」したりと、植物専用のインスタグラムのようなアプリです。全国の植物好きと交流できるので、ガーデニングや家庭菜園を楽しんでいるパパママにもおすすめですよ。

【iOS】

【Google Play】

② PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑

「PictureThis」は知りたい植物の画像を読み込むと、名前だけでなく「成長サイクル」「植物高」「花の直径」などの特徴を教えてくれます。さらにその花や植物の象徴性(花言葉など)やちょっとした雑学も記載されており読み応えバツグンの植物図鑑です。

また、マップ機能を使用すると、全国のユーザーが投稿した植物が地図上に表示されます。「あ、あそこに珍しい花がある!」というように、ポケモンGO感覚で花を求めてお散歩するのも楽しいですよ!

【iOS】

【Google Play】

③ ハナノナ

千葉工業大学 人工知能・ソフトウェア技術研究センターが開発した植物図鑑アプリです。2020年春にリリースされるとたちまちSNSで話題になり、App Storeの無料アプリランキングで2位に輝いたこともあります!

スマホの画面に写った植物を次々判定してくれる「サーチモード」と、1つの植物にフォーカスする「撮影モード」の2つのモードが搭載されており、約800種類の植物を判別可能。

操作方法もシンプルでわかりやすく、はじめてAI植物図鑑アプリを利用する方にもおすすめです。撮影した写真はSNSにシェアすることもできますよ。

【iOS】

【Google Play】

④ PlantNet

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える