幼児から読める科学絵本7選|面白い!から広がる新しい科学の世界

目次 目次

科学絵本とは

「科学」と一口にいっても、とても幅が広いです。

本記事では、下記のような内容が学べる絵本を科学絵本として紹介していきます。

・自然科学
 物理学音:光・電気・音・熱・物質の運動など
 化学:物質の性質など
 惑星・宇宙科学:太陽系や星座など
 生物学:動物や微生物など
 気象学:天気の仕組みなど

・科学技術:科学研究によって実現した最新技術と、その歴史

最初は、お子さんが好きなものに関連している分野を選ぶのがいいでしょう。

パパママが得意な分野の絵本を選ぶのもおすすめ。本の内容をきっかけに話題を広げれば、親子で知識を一層深めることができて、楽しいですよ!
それでは早速見ていきましょう。

①はじめての なぜなにふしぎ えほん

はじめての なぜなにふしぎ えほん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51G3fzM8mJL._SX439_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

身近な「なぜ?」を解決してくれる、初めての科学絵本にぴったりの一冊です。

「海はどうしてしょっぱいの?」「悲しいと涙がでるのはなぜ?」「飛行機は大きいのにどうやって飛んでるの?」といったお子さんの質問に、困ってしまった経験はありませんか?大人でも説明が難しい疑問を70項目以上、かわいらしい絵と、分かりやすい言葉で教えてくれます。

「日本科学未来館」監修で、内容は本格的。ジャンルは自然・生き物・体・生活と多岐にわたります。疑問がパッと解決すると、お子さんもスッキリ♪「もっと次も読んでー!」とおねだりされちゃうかも!

対象年齢:4歳~
ページ数:96ページ
出版社:パイインターナショナル
価格(税込):1,980円

②まどあけずかん むし(小学館の図鑑NEO)

まどあけずかん むし(小学館の図鑑NEO)

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51cYFz51N+L._SX407_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

虫に興味を持ち出したお子さんにおすすめの、幼児向けの図鑑です。

大きなイラストと、たくさんの窓開け仕掛けで、お子さんは興味津々!ひらがなとカタカナ表記のやさしい言葉で、分かりやすく解説してくれます。

100ヵ所以上の仕掛けの中には、虫の体の仕組みや生態などが描かれています。虫の名前には英語表記と発音ガイドがあり、英語学習の要素も。

お子さんが小さいうちは、カッコいい虫のイラストを眺めたり、「どんな秘密が隠れているかな?めくってみよう!」と遊んだりすることから始めましょう。わくわくしながらめくるだけで、いつの間にか虫の知識が深まりますよ!

対象年齢:2歳~小学校低学年
ページ数:31ページ
出版社:小学館
価格(税込):1,870円

③てんきはどうしてかわるの?

てんきはどうしてかわるの?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51IuXEzsWXL._SX441_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

雨・虹・雪・太陽・雷など、天気の不思議について教えてくれる、めくり仕掛け絵本です。

「雨でお外で遊べない…雨はどうして降るのかな?」と、どの子も一度は疑問に思いますよね。

そんな時におすすめなのがこの本です。質問の書いてある仕掛けをめくると、短く分かりやすい回答がでてくるから、リズムよく疑問が解決します!ひらがなとカタカナの表記で、言葉遣いが優しいのも嬉しいですね。

丈夫な厚紙でできているから、何度もめくっても壊れず安心。「あ、雨だ!この本読んで♪」と、雨が楽しみになっちゃうかも!

対象年齢:なし
ページ数:12ページ
出版社:大日本絵画
価格(税込):1,870円

④きかいのしくみ図鑑

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える