【1〜3歳】工夫を凝らした《らくがきアイテム》おすすめ5選|パパママの悩みまで解消!

目次 目次

子どもの脳と心に大きな影響を与える「お絵かき」━━子どもの絵の発達過程をみまもる

1歳のお絵かきは「運動」!

1歳のときは、主になぐり描きの時期です。子どもたちは何かを描いているのではなく手先の運動をしています。

最初は手首だけ、次に肘を動かすことで線が引けるようになり、最後に肩を使って円を描けるようになります。たくさん運動させてあげることは大事です。

描く物としては大体、横線の往復が多いでしょう。

2歳からは「意味づけ」をするように

2歳になると、手の動きを目で追えるようになっていきます。線のはじめとおわりがわかるようになり、マルが比較的わかりやすくなります。ぐるぐるぐる……と、円を繰り返し描くことが多いでしょう。

自分の描いたものに対して、あとから「ママ」とか「車」とか意味づけをするようになるので、大人は形が違うと否定せずに受け止めてあげるのが大切!

自分の好きな色を欲しがるようにもなり、お絵かきを楽しいと感じるようになるため、この頃は特にのびのびと落書きさせてあげたいところ!

3歳は「表現」のはじまり

3歳になると、ついに意図をもって描くようになります。まだ正確に形をとらえることはできませんが、自分の描きたい”もの”があり、それを表現するように頭を働かせます。

最初はマルに点々で「人」だったり「動物」だったりします。見ている方も楽しくなるくらい、上達してきます。

①サクラクレパス 知育教材 withマム らくがきクレヨン16色

https://item.rakuten.co.jp/nakanolife/4901881138775/

クレヨンの最大のお悩みを解決してくれたお絵かきアイテムです!

水で落とせるクレヨンはいくつかありますが、こちらはそれだけではありません。子どもが口にいれてしまっても大丈夫なように、無害な「蜜ろう」を使用。さらに、そもそも口に入れないよう、苦味成分を加えた”安心の2段構え”になっています。

大きさも子どもが握るのにちょうど良く、値段も手頃。ある程度でしたら1人で遊ばせても大丈夫なので、ママも安心です。

②gg* oekaki house dog

https://item.rakuten.co.jp/monange-kyoto/1716-1005-1/

gg*は職人さんによる丁寧な作りの木製おもちゃブランド。お家の形をした、インテリアにも映えるお絵かきボードです。

通常のボードと違い、エリアによって色が赤・青・黃・緑に分かれるのが特徴で、色彩感も学ぶことができるのがポイント。ここに描くとこの色になる……と、ちょっとした脳トレにもなるんです。

持ち運びに便利なコットンバッグ付き。さらに付属のビーズで数を数えたり、スタンプで遊ぶこともできるのでお出かけで子どもたちを飽きさせません。長いドライブや、待合室で待つ必要のある出先の際にも便利です。

お値段に見合った、とてもクオリティの高いおもちゃです。

③パイロットインキ スイスイおえかき NEWカラフルシート

https://item.rakuten.co.jp/es-toys/10403248/

安心安全、汚れの心配がない「水で描く」お絵かきシートです。のびのびと使える大きなシートに、水のペンで思いっきり描くことができます。おうちのひとは汚れを拭きとる手間もないので、安心して家事に専念することも。

付属のスタンプやローラーを使えば、違う手先の動きを覚えることができます。子どものお気に入りのスタンプなどがあれば、インクを使うことなく楽しめるでしょう。スタンプの使い道が一気に増やせてオススメです。

④アガツマ アンパンマン 天才脳おしゃべりらくがき教室DX

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!