「manina(マニーナ)」って知ってる!?子ども用品のバースデイから登場したモードなブランドを要チェック☆

目次 目次

「manina(マニーナ)」ってどんなブランド?

「manina(マニーナ)」は、2020年9月に“ベビー・子供用品バースデイ”から誕生したベビーとキッズのアパレルライン。

“バースデイ”のオリジナルブランドは今までも、北欧風テイストの「futafuta(フタフタ)」などスタイリッシュでプチプラなラインがありましたよね。
今回ご紹介する「manina(マニーナ)」は、その“バースデイ”から新しく「子供服にもっと自由な楽しさを」のコンセプトから生まれました。

エッジを効かせたシルエット、カタチとカタチがスパイスになっている柄を組み合わせた、ベビーとキッズのアイテムがいっぱい♡

それではサイズや価格、アイテムについてもちょっとのぞいてみましょう。

「manina(マニーナ)」のアイテムのサイズや価格は?

ベクターイラスト素材:疑問を感じる若い主婦

「manina(マニーナ)」:洋服のサイズ展開

現在「manina(マニーナ)」から発売されているアイテムのサイズ展開は、
■ベビー用:70サイズから
■キッズ用:120サイズ
まで、となっています。

「manina(マニーナ)」:靴類のサイズ展開

スニーカーなどの靴類は、
■13.14.15.16センチ
と、乳幼児さん向けの展開ですね。

まだ誕生したばかりのブランドなので、これからもアイテムが増えていきそうですがサイズ展開は120サイズくらいまでと、だいたい6歳くらいまでかな?という感じ。

私も実際にバースデイで、こちらのブランドの商品を見てみましたがサイズ感はややゆったり。
体のラインが出るようなぴったりしたデザインが少なく、締め付けのない楽な物が多かったです。

「manina(マニーナ)」の価格帯

「manina(マニーナ)」の洋服や靴類、雑貨は
■890円(税抜)〜1390円(税抜)
までが主流なようです。

…すっごく安いですよね!
モードなデザイン性だけでも嬉しいのに、お財布にも優しい価格帯!

子ども服って本当にいくらあっても足りないくらいなので、諦めて無難な物を買ったりする事も多いと思います。
でも「manina(マニーナ)」なら890円から、かわいくてモードなアイテムが選べちゃう。

「futafuta(フタフタ)」は北欧風でありながら、絵本のような世界観とポップな印象でしたが、「manina(マニーナ)」はモードでちょっと辛口。でも子どもらしいシルエットという印象ですね。

高いアイテムでも1390円…うーん、これは半年着られれば大助かり!という時期の、乳幼児さんがいるご家庭にはたまらないブランドだと思います!

現役ママが選ぶ、「manina(マニーナ)のおすすめアイテム!

安くておしゃれ、ちょっとモードな「manina(マニーナ)にはどんなアイテムがあるのでしょうか?

子どもが乳幼児の時期に「manina(マニーナ)があれば…!と、悔しい思いをしている現役ママの私がおすすめアイテムをご紹介しますね(笑)

若い女性 ママ 指をさす

①ロンパス(サイズ:70・80㎝、税抜1,190円)

図形柄とマッチ柄がある、こちらのロンパスは「超かわいい〜♡」の一言!
ゆったりデザインで、子どもも動きやすくリラックスできそう。

現役ママのおすすめポイント

なんといっても、首周りのパイピングのカラー!
図形柄の首周りのカラーはマスタードっぽい黄色がかったブラウン、マッチ柄はネイビーと差し色がばっちり効いています。
すごくおしゃれに見えますよね〜!

ロンパスで太ももの部分にゴムが入っているのも嬉しくないですか?
ゴムが入っていないデザインは、おむつが見えてしまうんですよね…その点、このロンパスならスッキリ。

他のアイテムとも組み合わせやすい!

サロペットカバーオールと組み合わせたコーデも、最高にかわいい♡
ロンパスは1190円、サロペットは1390円…値段を見ただけでウキウキします(笑)

2つ組み合わせてもお財布に優しい、おすすめアイテムです!

②ベビートップス各種(80・90cm、税抜890円)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」