オススメの手帳術の本3冊と手帳を続ける工夫

目次 目次

おすすめの本

『マイノートのつくりかた』 Emi

https://m.media-amazon.com/images/I/51N8NuLeCrL.jpg

・雑誌のように写真がいっぱい
・見ているだけでも楽しい
・ズボラさんでも楽しく続けられる(筆者がそうです)
・どんなことも1冊にまとめるから、スッキリする

『マイノートのつくりかた』より

雑誌のようなノートにするのですが、中身はとてもシンプル。今と昔の自分を比べるようなノートにして、ゆるく続けるのが目標になっています。細かくマイノートの作り方を教えてくれて、ルールは自分で作って行けるのが魅力です。

みんなのマイノートも載せられているのですが、どれも個性があって素敵。シンプルで、見やすく、マスキングテープやシールでワンポイントをつけているのも可愛いです。作者さんの工夫もマネしやすいです。アナログとデジタルを上手に併用しているのも参考になりました。

『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』 Marie

https://m.media-amazon.com/images/I/51nGWUD6Q1L.jpg

・見本写真が分かりやすい
・忙しい主婦や働くママの味方になってくれそう
・やることが多くても整理しやすいノート作りが魅力

『「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル』より

「Bullet Journal」は箇条書きジャーナルです。簡単に、バレットジャーナルがどんなものなのか、書き方の説明をしてくれています。この本の作者のMarieさんが、バレットジャーナルを通してどう生活が変わったのか、ノートの中身を見本に書き方例も見せてくれます。

学習記録や旅行記など何でも1冊に書き込むことで、うっかりミスを防ぎ、どのノートに書いたのか探す時間も短縮になるのが良いです。 他の人のノートの中身や工夫なども紹介されています。自分のノートに取り入れたい素晴らしいアイデアがいっぱいで、参考になります。

※現在、Kindle Unlimited(月額登録)だと無料で読めます。
他の手帳術の本も何冊が読めるみたいです

『手帳という武器をカバンにしのびこませよう』 さとうめぐみ

https://m.media-amazon.com/images/I/51TWQTsdkTL.jpg

手帳セラピストという肩書きがある著者さん。一時期、筆者が読み漁っていた「夢を叶える」系の手帳の本も出版しています。この本は、文字多め。働く人向けの内容が多いです。でもマネできる部分や取り入れる部分もあります。

『手帳という武器をカバンにしのばせよう』より

−「しないこと」リスト
「To Do」ばかりを書くものだと思っていましたが、「やったこと」や「しないこと」リストを書くと達成感や自分自身を休息させることに繋がりました。

−アイデアノート
トイレやお風呂、寝る前にひらめいたことを頭の中に垂れ流すのは勿体なかったです。アイデアノートを持つと、色んなことにアンテナを張り巡らせるので普段、自分が何を考えているのかも「見える」のがいいです。

−やりたくないことは「5分だけ」ルール
人間なのでしんどい日もあって、何もしたくない日もあります。それでも締め切りとか大事なことはしないといけないですよね。とりあえず「5分だけ」やってみると、意外にスイッチが入って、1時間やっているなんてこともあります。


※現在、Kindle Unlimited(月額登録)だと無料で読めます。
他の手帳術の本も何冊が読めるみたいです。

さいごに

Laptop, roses flowers, pink diary, pen, cards

自分だけの手帳を自分のために使わないといけないのに、筆者はずっとSNSに載せて称賛してほしいだけでした。今の手帳やノートの中身はSNSに載せても特に可愛くないけど、自分が満足して使えているので、手帳を書くのが楽しいです(^^)

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える