【1〜2歳】人気メーカーのおすすめの英語おもちゃ5選|英語教育の入り口!

目次 目次

幼少期に英語を学ぶメリット

“英語耳”が育つ

子どもは大人に比べてたくさんの音を聞き分けることができるため、大人が難しいと感じる英語の発音でも柔軟に受け止めて吸収することができます。大人のように日本語の感覚が備わっていない分、ネイティブに近い感覚を自然に獲得することができます。

楽しく学べる

大人になってから学ぶ英語は、忍耐と努力によって覚えていくものです。しかし吸収力の高い幼少期なら、進んで楽しく学ぶことができます。特に好きなキャラクターモチーフのおもちゃなら、なおさら子どもたちにとっては良いでしょう!

飽きるまで繰り返し反復をして覚えてくれることもあります。

同時に理解力や思考力も鍛えられる

おもちゃのような、ゲーム性の強いものの場合、英語力といっしょに考える力も身につけることができます。英語おもちゃは英語以外の機能がついているものも多く、理解力や思考力を磨ける点でも魅力的といえるでしょう。

①タカラトミー Dear Little Hands おしゃべりメロディスマートフォン くまのプーさん

https://item.rakuten.co.jp/toysrus/674806600/

2020年2月発売。子どもが大好きなスマートフォンをモチーフにしたおもちゃです。
楽しいメロディや音がいっぱい、さらに英語のあいさつやおしゃべりでコミュニケーションを取ることができます。

「掛かってくるモード」にスイッチを切り替えると、ランダムで電話の音やおしゃべりが流れてくるので、英語の反復練習をする時にオススメ!子どもが耳に当てるのを想定して、音を小さく設定しているのも嬉しいポイントです。

②セガトイズ テレビにうつって! リズムでえいご♪ワンダフルチャンネル

https://item.rakuten.co.jp/netbaby/a73674xxx/

2019年6月発売。バイリンガルでお馴染みの関根麻里さんとの共同開発!わんちゃん型カメラをテレビと接続して遊ぶおもちゃです。

モーションキャプチャーや顔認証を搭載しているので、全身を使ってさまざまなゲームを楽しみながら英語を学ぶことができます。画面にうつる自分に、盛り上がることまちがいなし!パパやママもついつい一緒に楽しんでしまいそうです。

成長に合わせて長期で遊ぶことができます。

③バンダイ Peek a boo ! Friends ミッキーマウス

https://biccamera.rakuten.co.jp/item/4549660317807/

2019年11月発売。ミッキーがおしゃべりしながら「いないいないばぁ」をする、カワイイぬいぐるみおもちゃです。

バイリンガルでおしゃべりパターンは18種類、英語はその中で9種類。いないいないばぁの他にも数をかぞえてくれたり、お話をしてくれます。

ハンカチで顔をかくしながらチラ見えしたりフェイントをかける機能もあり、子どもたちは興奮して喜んでくれそうです!

④タカラトミー はじめて英語 くまのプーさん 絵本でおしゃべり! ゆびさき知育いっぱいできた

関連記事

おすすめの動画

【1分でわかる】プラレール レールも!車両も!情景も! 60周年ベストセレクションセット

【1分でわかる】おっきなうまれて!ウーモ ララコーン