《桜》がテーマの絵本 おすすめ8選

目次 目次

①さくらがさくと

https://books.rakuten.co.jp/rb/16174024/

川沿いの桜並木道で、自然と人間が繰り広げるドラマがテーマとなっている絵本。

桜が満開の時期である3月半ばから4月半ばまでの1か月の間は、道を行く人が足を止め、咲き誇る花に心を寄せてくれます。
桜の花には人々の心を引き付ける魅力があるのだということを、改めて感じることができる絵本となっていますよ。

表紙をはじめとして、満開で綺麗なさくらや花がつぼみから開いていく様子もしっかりと描かれています。さくらの花が咲くころにぴったりな一冊です。

<商品概要>
・とうごうなりさ/作
・福音館書店
・32ページ
・対象年齢 5歳・6歳~
・1,400円(税別)

②ほわほわ さくら

https://books.rakuten.co.jp/rb/6371356/

さくらが満開で、花びらが降ってくる様子を「ほろ ほろ ほろ ほろり」などの音で表現。
絵本に親しみ始めた1歳や2歳頃くらいの小さな子どもでも、さくらが咲いている雰囲気が掴みやすい表現で描かれていますよ。

ページごとの文字数も少なめなので、読み聞かせにもおすすめです。絵本で読んであげた後に、実際にさくらが咲いている場所におでかけしてみると良いですね!

<商品概要>
・ひがしなおこ/作 きうちたつろう/絵
・くもん出版
・24ページ
・対象年齢 0歳~2歳
・価格 800円(税別)

③おはなみくまちゃん

https://books.rakuten.co.jp/rb/15289369/

さくらが咲いている場所に、お弁当を持ってお花見におでかけしたくまちゃん達。たこあげをしたら、たこは風にのってふわふわと空を飛んでいます。

さくらの木の下で、風にのって遊ぶくまちゃんたちの楽しい一日。たこと一緒に風に飛ばされちゃう……?!
可愛く描かれた色とりどりのくまちゃん達の様子がとっても特徴的!ふわふわでほっこりとする絵本ですよ。

<商品概要>
・シャーリー・パレントー/文、デイヴィット・ウォーカー/絵、福本 友美子/訳
・岩崎書店
・32ページ
・対象年齢 幼児~
・価格 1,200円(税別)

④さくらのさくらちゃん

https://books.rakuten.co.jp/rb/11102334/

4月生まれの子に向けた絵本。
お話の主人公は、春に小学生になる「ひろちゃん」のお庭に咲く、さくらの花びらの「さくらちゃん」。

ぴっかぴかのランドセルを背負って、小学校に向かうひろちゃんの頭にさくらちゃんがひらりと降りてきます。
新しいお友達や担任の先生を想って緊張するひろちゃんの心が、さくらちゃんを通じて表現されます。読んでる方もドキドキしてきますよ。

皆の「初めて」がいっぱいやってくる4月は、さくらの花が見守り、背中を押してくれているのかも。そんなふうに思わせてくれる作品です。

絵本の最後には、4月の誕生石、誕生花、行事などの豆知識も掲載されていますよ。

<商品概要>
・中川ひろたか/文、植垣歩子/絵
・自由国民社
・28ページ
・価格 1,430円(税込)

⑤はじめまして

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える