子どもと一緒に挑戦したいクッキング|レベル別 おすすめ4種!

目次 目次

超初級編:スクランブルエッグ

スクランブルエッグ。(白皿・白バック)

まったく料理の経験がない子どもに、いきなり包丁も火も使わせるのは不安、と感じている保護者の方も多いハズです。また、火を使うときに油ものだとハネてやけどの危険性も高まります。そうした危険性が限りなく少なく、ごく簡単にできる料理といえば、「スクランブルエッグ」です。

卵を割ったり、割った卵を溶いたり、フライパンに油を引いて火を付けるなど、料理の基本的な動作が含まれていて、小さいお子さんが挑戦するにはぴったりではないでしょうか。

それでも、卵の殻は場合によっては尖って怪我に繋がる可能性があったり、フライパンで熱する以上、やけどの危険性がないとは言い切れません。また、一歩間違えれば、火事の危険性もあります。

料理に馴染みのないお子さんの場合には、必ず保護者がそばについて、何かあった場合にもすぐに対処できるようにしておいてください。

作り方はご存知の通り、溶いた卵を熱して、細かくなるように混ぜるだけ。最初は、卵がきれいに割れない可能性もあるので、フライパンに割り入れるよりは、お皿などに割り落とし、そこで卵を溶きほぐすと安全で殻も入りにくいでしょう。

卵1つだと出来上がりの量は少ないので、家族数名分を準備したい場合には5,6個の準備が必要です。慣れてくると、卵の個数が増えても簡単にスクランブルエッグができるようになるでしょう。

初級編:生野菜・サラダ

サラダ

包丁を使ったり、野菜ごとに処理の仕方を覚えられるサラダもおすすめです。最初は、レタスを手でちぎったり、切った野菜をお皿に盛り付けるなど簡単なことから始めるのが良いと思います。

年齢を重ねたり、慣れてきたりしたら、自分で包丁を持って野菜を洗ったり、切ったりすることを覚えてみてはいかがでしょうか。

人参は皮を向いて使う、生のキャベツは千切りにすると食べやすい、ピーマンやきゅうり、大根など野菜の切り方次第で生野菜として美味しくいただける種類が豊富にあり、マヨネーズや塩、ポン酢、醤油などと合わせて味付けをしてサラダを作ることもできると、順番に学んでいくのが良いでしょう。

アレンジ方法次第で、いくらでも料理としてレパートリーが増やせるのが野菜を使った調理といえそうです。

また、新型コロナウイルスの影響で手洗いやうがいが重要であることは十分に知れ渡っていますが、普段口にする食材が新鮮で清潔なものであることも、感染の可能性を下げるためには必要なことです。購入してきた野菜をそのまま使うのではなく、洗って使ったり、種類によっては湯通しして使うことが大切であると学ぶことも良い機会になりそうです。

中級編:チャーハン

かにチャーハン

フライパンを使って食材に火を通したり、野菜を適切に切り分けたりする方法を覚えたら、次に挑戦したいのはチャーハンです。

スクランブルエッグを作るよりは大きなフライパンの準備が必要である可能性が高いので、やけどや火事の危険性も高まります。慣れるまでは大人の手助けが必要ですので、十分に確認しながら一緒に行ってください。


野菜を切ったり、炒った卵とご飯を炒めて、チャーハンを作れるようになれば、十分一人前ですね。年齢に限らず、お子さんが一人でチャーハンを作ってくれるようになると、おそらくどんな親御さんもうれしいものでしょう。

最初は市販の出汁やコンソメ、かまぼこなどを使ってうまく調理できるように練習してみましょう。また、慣れてくると塩コショウで自分で味付けをしたり、野菜をより細かく食べやすいサイズにカットしてみたり、ご飯がパラパラになるように挑戦してみたりと、上級者になるまでにいろんな段階を踏めることがチャーハンの面白いところでもあります。

家族の食事を任せられるようになったら、家族の負担が減ることにも繋がりそうですね。

上級者:カレー

スプーンですくった湯気の立つカレーライス

チャーハンをマスターしたら、次はカレーに挑戦してみるのはいかがでしょうか。大きな鍋で煮込んだり、調理の量も多くて時間がかかったりする可能性もありますが、一緒に作って安心安全にクッキングを楽しめたら良いですね。

カレールーは販売されているものを使用するのがベターです。もちろん本場のカレーらしくスパイスから準備しても良いのですが、その段階にいたるまでに、まずは食材を煮込む練習などが必要でしょう。

市販のカレールーを使って一人で完成できるようになれば、台所はもうおまかせできそうですね。

一緒に料理に挑戦して、自分の負担をへらす事も忘れずに!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント