おしりたんていの主要キャラクターを紹介!子どもと一緒にアニメ・絵本を楽しもう!

目次 目次

おしりたんていシリーズとは

おしりたんていは、以下の作品内で活躍しています。

・えほん:3歳くらいから読める絵本。迷路や絵探しをしながら犯人を探しましょう!
・よみもの:6歳くらいから読める児童書。暗号等の謎解きも加わり、より探偵気分を味わえます。
・アニメコミック:アニメだけのお話をまとめたコミック。映画のお話も読めます。
・アニメ:Eテレで放送中。各種配信サイトでも見ることができます。

出てくる登場人物は同じです。違うお話で出てきたキャラクターが、エキストラのように登場していることも!ぜひ探してみてくださいね。

①おしりたんてい

おしりたんてい

https://www.oshiri-tantei.com/assets/img/character/osiri/01_img.png

出典元:おしりたんてい制作委員会

顔がおしり型の探偵です。おしりたんてい事務所で、事件を解決しています。

どんな事件の時でも冷静で紳士的な態度を崩さず、「フーム…においますね」と、手がかりを見逃しません。IQ1104(いいおしり)なので、ものすごく頭もいいようです。好きなものは、温かい紅茶とスイートポテト。

必殺技は「しつれいこかせていただきます!」と、口からおならをプーっと発射すること!
くらった人たちはもれなく劇画調の変な顔になってやっつけられてしまうから、相当くさいはず。悪いやつらだけでなく、ブラウンたちが巻き込まれてしまうこともしばしば。

②ブラウン

ブラウン

https://www.oshiri-tantei.com/assets/img/character/osiri/02_img.png

出典元:おしりたんてい制作委員会

おしりたんてい事務所の助手です。

甘いものが大好きなお調子者で、いつも一生懸命「おしりたんていさーん!」と追いかけて、犯人をつかまえる手伝いをしています。素直すぎて、ちょっとうっかりしてしまうこともあります。

児童書の裏表紙をめくるとブラウンの日誌が載っていて、事件のあらましがわかりますよ!

絵本版では言葉が話せない子犬ですが、その他の作品ではおしゃべりしています。きっとワンコロ警察学校の訓練で、人の言葉を話せるようになったからですね。

③マルチーズしょちょう

マルチーズしょちょう

https://www.oshiri-tantei.com/assets/img/character/wankoro/01_img.png

出典元:おしりたんてい制作委員会

ワンコロ警察署の署長です。

考えるよりも先に体が動く行動派。丸いものに目がなく、犯人を追いかけている最中でも「まるいもの~!」と追いかけてしまいます。

おしりたんていと協力して…というよりほとんど頼りきって、事件を解決しています。趣味はゴルフ。

署長の下では、4人の個性派刑事が事件を調査しています。

4人の個性派刑事

https://www.oshiri-tantei.com/assets/img/story/story_1_01.jpg

出典元:おしりたんてい制作委員会

みみとがり:耳がとがっています。発明が得意で、お化けが苦手。

パーマネント:ふわふわの耳が特徴。寒いダジャレを言って、周囲を凍り付かせます。

くびふとし:屈強な体格で、首が太い刑事です。見た目の通り肉体派。

こいまゆ:太い眉毛で、とぼけた性格。実は11人の子どもがいます。

④かいとうU

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント