かいけつゾロリシリーズおすすめ10選|ゲーム要素たっぷりの絵本で冒険に出かけよう!

目次 目次

かいけつゾロリシリーズとは?

かいけつゾロリシリーズは、キツネの主人公ゾロリとゾロリの子分で双子のイノシシ兄弟が繰り広げる冒険のストーリーです。1987年に1作目が発売されて以来累計3500万部の大ヒット本となっています。

漫画風の吹き出しや、子ども心をくすぐるユーモア描写など、小学校低学年までの年齢の子が一人で読んでも飽きない本として工夫がたくさんされています。

ここからはそんなゾロリシリーズの中でもおすすめの10ストーリーをご紹介していきますので、注目してくださいね!

①かいけつゾロリ うちゅう大さくせん

かいけつゾロリ うちゅう大さくせん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51aJ2fzxLzL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

広い宇宙に取り残されてしまったマニイさんとグレイさんを救うため、ロケットで宇宙に飛び立つストーリーです。ゾロリたちは広い宇宙に迷う二人を探し出すことができるのでしょうか?最後までワクワクドキドキできるストーリーですよ。

ゾロリたちの乗るロケットはおならエネルギーで動いたり、最後の解決もおならで…?なんてところがゾロリらしい楽しい設定。ハラハラしながらもどこか笑ってしまうような展開がいっぱいです。

宇宙は子どもたちが大好きなテーマ。ゾロリたちと壮大な宇宙で冒険をしている気分を味わうことができますよ。

【商品概要】
対象年齢:小1〜小3
サイズ:A5版、218×155mm
ページ数:103ページ
定価(税抜):900円

②かいけつゾロリのかいていたんけん

かいけつゾロリのかいていたんけん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61aQlHx9PJL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

海底にいるかわいい乙姫様と玉手箱を探しに竜宮城を目指してゾロリたちが探検をするストーリー。どこか浦島太郎を思わせる設定ですね。

深い海の底で現れるダイオウイカやシンカイザメなどの生き物にもドキドキ。この本で深海生物に興味を持つきっかけにもなるかも。

おちゃらけていることも多いゾロリですが、本作は海洋汚染問題などにも触れられていて、教育的な内容でもあるストーリーとなっています。

普段覗くことのできない海底の世界は、親子ともに興味津々で読み進められるはずですよ!

【商品概要】
主な対象年齢:6歳、小1〜小3
サイズ:A5版、218×155mm
ページ数:103ページ
定価(税抜):900円

③かいけつゾロリのちていたんけん

かいけつゾロリのちていたんけん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61+fU0EhxJL._SY344_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

前述の「かいていたんけん」の続編とも言えるのが「ちていたんけん」です。

ゾロリたちは壊れた潜水艇から脱出した後地底に辿り着きます。目指すのは地上ですが、謎の地底人や大男に出くわしてしまいます。ゾロリたちは無事に地上に帰れるのでしょうか…?

恐竜の化石や宝石を見つけたり、興奮する展開がいっぱい。ゾロリたちが地底人たちとどう関わっていくのかも見どころですよ。

刺激がいっぱいで冒険好きの子どもにはたまらないストーリー。夢中になって次々にページをめくっていくお子さんの姿が見られるかも。

【商品概要】
対象年齢:6歳、小1〜小3
サイズ:A5版、218×155mm
ページ数:103ページ
定価(税抜):900円

④かいけつゾロリのチョコレートじょう

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える