グリム童話の絵本おすすめ8選|世界観を表現した美しい絵の描写にも注目!

目次 目次

グリム童話とは?怖いお話って本当…?

グリム童話とは、ドイツの「ヤーコプ」と「ヴィルヘルム」という名のグリム兄弟がドイツや周辺地域の民話を収集し、再編した童話集のこと。

1812年のクリスマスに、「子どもと家庭のメルヒェン集」の初版を発刊しました。

しかし、話の内容や表現が子ども向けでないことや、残酷な描写があることから改定が繰り返され、1857年に第7版まで改訂されました。

「本当は怖いグリム童話」などと言われる由縁はここにあったのですね。

では、昔に比べてだいぶ読みやすくなった、グリム童話のおすすめ絵本を紹介していきます!

①グリム童話 白雪姫 (新装版)

グリム童話 白雪姫 (新装版)

https://shop.r10s.jp/book/cabinet/8901/89013889.jpg

出典元:楽天ブックス

7人の小人が出てくるお話でも有名な、白雪姫。

ある日小人たちが家に帰ってくると、ベッドにお姫様が眠っていました。

新しいお妃さまに命を狙われて、逃げて来た白雪姫は、優しい小人たちと一緒に暮らすことになるのですが…

お妃さまが出てくるシーンではちょっぴり怖い表現もありますが、グリム童話の原作に忠実なところがこの絵本の特徴。

「知ってるお話とちょっと違うね~!」とお子さんも関心を抱くかも!?

また、バーナデットの描く、ぬくもりと情感あふれるパステル画も素敵ですよ♪


【商品概要】
・ページ数:27ページ
・出版社:西村書店
・価格:1,500円(税抜)

➁ラプンツェル

ラプンツェル

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61TW6EMCE2L._SX372_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

むかし、何年も子どもが欲しいと願いつづけてきた夫婦のもとに、念願の赤ちゃんがやってきました。

子どもが生まれ、夫婦は幸せに暮らしていたのですが、あるできごとをきっかけに、隣に住んでいた魔法使いを怒らせてしまいます。

そして魔法使いは罪を償わせる手段として、赤ちゃんを要求し、自分が育てることに。

しかし、可愛さのあまり、赤ちゃんを高い塔の上に閉じ込めてしまうのですが…

こちらの絵本も、バーナデットの繊細で優しいタッチの絵がとても魅力的です。

ディズニープリンセスのイメージが強いお子さんも、「ラプンツェルもグリム童話だったんだね~!」と新たな発見ができますよ♪


【商品概要】
・対象年齢:
・ページ数:32ページ
・出版社:BL出版
・価格:1,600円(税抜)

③ヘンゼルとグレーテルのおはなし

ヘンゼルとグレーテルのおはなし

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61BqBv7c6tL._SX367_BO1,204,203,200_.jpg

出典元:Amazon

グリム童話ではおなじみの「ヘンゼルとグレーテル」。こちらも、バーナデットが日本の読者のために書き下ろした絵本です。

きょうだいのヘンゼルとグレーテルが森に迷い込み、目の前に小さな家が現れます。

近づいてみると、それはなんとパンやお菓子でできた家!
ふたりは手当たり次第に食べ続けるのですが…

ふんわり優しいタッチで描かれた魅力あふれるお菓子の家に、「おいしそ~!クッキーもチョコレートもキャンディーもある~!」とお子さんの目もキラキラ輝くかも。

読み聞かせにもぴったりの一冊です。

【商品概要】
・ページ数:28ページ
・出版社:BL出版
・価格:1,600円

➃ブレーメンの音楽隊

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント