RADIO FLYER(ラジオフライヤー)の人気商品を8つご紹介!マルチに使えるその魅力とは?

目次 目次

ラジオフライヤーとは?

真っ赤なカラーが目を引くラジオフライヤーは、アメリカでは知らない人はいないほどポピュラーなおもちゃです。子どもが安全に使えるよう、塗料は人体に影響のないものが使用されていたり、エッジ部分は丸く加工されていたりと、その作りには細かい配慮が施されています。小さな子どもを持つ親にとっては嬉しいポイントですね。

おもちゃのワゴンとして展開されているラジオフライヤーですが、ヴィンテージ感ある見た目と使い勝手の良さから、近年アウトドアやインテリアにも用いられています。

ラジオフライヤーは、コストコなど店頭でも販売されることがありますが、確実に欲しい商品をゲットしたいならネットでの購入がおすすめ。自宅まで配送してもらえるので、大きくて重さのある商品も購入しやすいですよ。


①#18 クラシックレッドワゴン

https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/calwingparts/cabinet/03656770/17911-1.jpg

ラジオフライヤーの定番といえば、こちらの#18タイプです。ベーシックなタイプのワゴンで、アメリカでも日本でも人気を集めています。アウトドアワゴンから、ベビーカー代わりに使ったり、買い物カートにしたりと、一台でいろいろと使い回しが可能です。ハンドル部分は指を挟まない安全な作りになっているので、子どもが動かすときも安心ですね。

【商品説明】
●サイズ:縦93×幅44×高さ34㎝
●重さ:(約)13.5kg
●耐荷重:(約)90kg
●対象年齢:1.5歳~
●価格:21800円(税込)

②#1800 ビッグレッドクラシックワゴン

https://image.rakuten.co.jp/smile88/cabinet/pg/a155/a15638_01p3.jpg

こちらの#1800タイプは、大容量で大きめのボディが特徴のモデルです。上記のクラシックワゴンに比べると底が深いので、荷物がしっかり積めて、落としてしまう心配もありません。使い方の幅がとても広く、こちらも人気のモデルです。

【商品説明】
●サイズ:縦91×幅45×高さ15cm
●重さ:(約)15kg
●耐荷重:(約)90kg
●対象年齢:1.5歳~
●価格:14740円(税込)

③#32 ATWスチール&ウッドワゴン

https://r.r10s.jp/ran/img/4001/0000/789/264/305/655/40010000789264305655_1.jpg

ベーシックなワゴンに木製の枠がセットされているのが特徴の#32モデルです。タイヤ部分にはエアタイヤが使用されているので、石や砂利の多い場所や整備されていない道でも使えて、アウトドアには活躍すること間違いなし!小さな子どもが2人乗っても、楽しくラクに移動できるのも嬉しいポイントです。

【商品説明】
●サイズ:
・外寸:(約)幅55×奥行き102×高さ89cm
・ワゴン内寸:(約)幅41×奥行き89×高さ24cm ※上記は木枠を含む内寸です。
・ワゴン内寸(赤いワゴン部分のみ):(約)幅37×奥行き85×高さ9cm
●重量:(約)17kg
●材質:スチール・木
●耐荷重めやす:(約)90kg
●対象年齢:1.5歳~
●価格:23980円(税込)

④#612 クラッシックウォーカーワゴン

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント