【1〜3歳】ユメカ・インテリアのおすすめキッチンおもちゃはすべてが“ちょうどいい”!

目次 目次

購入前に押さえておきたい、キッチンおもちゃの選び方のポイント

どこに置くか。

基本的にダイニングやリビングがオススメ。ママが監視できる、ママの真似をできる、みんなに見てもらえるという3つの利点があるからです。

大きさの確認。

リビングやダイニングの間取りを確認します。特に「幅」と「高さ」は重要です。

大きいものなので、幅が部屋にきちんと合うように、高さはお子様の身長に合うかどうかを確認します。

安全性、素材は丈夫か。

子どもは力加減がまだわからないので安全の確認が重要です。角や付属品でケガをしそうではないか。また素材は丈夫でこわれにくいものか。

今はネット販売で手作りのキッチンおもちゃも出回っていますが、安全性が気になる場合はメーカーもしっかりチェックしたいものです。

部屋に馴染むか。

インテリアにこだわるママには特に重要な部分です!キッチンおもちゃは大きい分、部屋の印象を大きく変えます。色や素材の雰囲気が部屋に合っているのか、さらに他の家具とケンカしないデザインかきちんと確認しましょう。

長く遊べるデザインになっているか。

キッチンおもちゃとは「長い付き合い」になることを前提に選ぶのがオススメです。そのためデザインは、使い続けても飽きないベーシックなものが良いでしょう。

また、収納や付属品が他のおもちゃと組み合わせて遊べるような余地があるものを選んでおくと、子どもと長く楽しく遊ぶことができてオススメです。

ユメカ・インテリアの「おままごとキッチン」は、インテリアとしてベストバランスのデザイン!

https://item.rakuten.co.jp/yumekatokyo/wf190635/

ナチュラル志向の方に合うとても魅力的なデザインです。特に目を引くのは、その配色。この白やベージュを基調とした淡いトーンの色バランスが絶妙なんです!部屋全体を優しい雰囲気に演出してくれます。

色はピンク・ブルー・ダークグレーと3色展開。特にダークグレーは、ダークというわりに暗すぎることもなく馴染みやすいでしょう。

人気の北欧風のデザイン、かわいらしさがありつつも子どもっぽくなり過ぎないところがママには嬉しいですね。

「おままごとキッチン」は大きさがちょうどいい!

https://item.rakuten.co.jp/yumekatokyo/wf193156/

ユメカ・インテリアのおままごとキッチンは幅55cmとコンパクトなため、そこまでスペースのないリビングやダイニングでもバランス良く置くことができます。

またシンクの高さは46cmで、これは35cm〜50cmくらいまであるキッチンおもちゃの中では中間くらいに位置しています。早ければ1歳半くらいから使い始めることができ、3〜4歳くらいでちょうどよくなる高さで、比較的長く愛用することができるのもポイントです。

安全で丈夫!価格もちょうどいい。

https://item.rakuten.co.jp/yumekatokyo/wf190635/

素材はMDF板(E1級)と無垢材を使用(シンクのみプラスチック)。板の耐荷重は1枚あたり50kgと頼もしい作りです!塗装や角の丸みも含めた安全性テストに合格しているので、安心して遊ぶことができます。

ちなみに一般的には、木製を選ぶと安全性は高いのですが、今度は値段が大きく上がってしまいます。ユメカ・インテリアは、価格面も嬉しいポイントですね!

充実の付属品とキッチンまわり。

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!