ヒーロー好き必見!映画「スパイダーマン:スパイダーバース」のあらすじ・ネタバレ・他作品との違いを解説

目次 目次

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」のあらすじ

物語はアメリカのブルックリンから始まります。主人公のマイルス・モラレスはひょんなことから突然変異したクモに噛まれてしまい、不思議な力を得ます。噛まれた駅の地下道に訪れると、ウィルソン・フィスクたちが異次元の扉を開けるための実験をしており、それを阻止しようとスパイダーマンが戦っているところに居合わせてしまいます。
しかしシステムの誤作動によってスパイダーマンは大怪我を負ってしまいました。居合わせたマイルスにシステムを破壊できるメモリースティックを託し、ウィルソンに命を奪われてしまいます。
死の真相は隠され、不慮の事故で命を落としたことになったスパイダーマン。ヒーローの死に、周りは悲しみに包まれていました。そんななか、マイルスはピーターの遺言を叶えようとして訓練を始めようとします。
するとそこに現れたのは、命を落としたはずのスパイダーマン、ピーター・パーカーでした。ピーターは別次元の存在で、マイルスと手を組んで元の次元に帰るために行動を開始します。
しかしマイルスは訓練中に、託されたメモリースティックを破壊していたのです。事情を知ったピーターの提案により、研究施設に忍び込んでデータを盗もうとしますが、研究職員に見つかってしまいます。そしてピンチになったふたりを救ったのは、新たなスパイダーマンでした。
なんとシステムの不具合によって、別の次元に存在するスパイダーマンたちが、マイルスの次元に集結してしまっていたのです。ところが彼らは異なる次元の存在であることから、心身が弱って命を落としてしまう危険があることがわかりました。
マイルスたちは、ウィルソンの研究を阻止し、もとの次元に帰るべく協力することにします。
果たして彼らは、ウィルソンを倒すことができるのでしょうか。

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」と他作品の違いは?

スパイダーマンと言えば、日本でも公開された映画「スパイダーマン」シリーズや映画「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、MCUシリーズとなる映画「スパイダーマン:ホームカミング」や映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」といったものが挙げられます。これまで制作されている実写作品は基本的に主人公をピーター・パーカーとしたうえで設定が進んでいきます。
しかし今作は、主人公が異なるのがまず最初に挙げられる違いです。また、これまで主人公であったピーター・パーカーが命を落とす展開も、これまでのシリーズを知っている人にとっては驚くべき展開かもしれません。
そして複数のスパイダーマンが登場するわけですが、なかにはピーター・パーカーがスパイダーマンにならなかった世界も存在します。これまでのスパイダーマンシリーズとは大きく異なる要素を含んでいる作品ですが、これまでの作品に登場しているキャラクターも登場しているため、新鮮な気持ちで楽しめるでしょう。

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」の魅力①登場するスパイダーマンたちに注目

物語に登場する複数のスパイダーマンたちは、戦隊ヒーローのように異なる魅力を持っています。スタンダードなスパイダーマンと言えば赤と青を基調として蜘蛛を連想させる見た目のスーツが特徴。今回は異なるカラーのスーツを身に着けていたり、体格や性別なども違うスパイダーマンが登場します。なかにはパワードスーツと呼ばれるロボットの操縦士になり、スパイダーマンとして活躍しているキャラクターも。異なるスパイダーマンたちが集結して、悪に立ち向かう姿はドキドキハラハラさせてくれるでしょう。

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」の魅力②ヴィランたちも個性的

本作に登場するヴィランは、別のスパイダーマンシリーズでも活躍しているキャラクターが登場します。そのなかでもインパクト抜群なのが、オリヴィア・オクタヴィアス。ドクター・オクトパスという別称も存在し、スパイダーマンに登場する代表的なヴィランです。本作では女性の博士で、スパイダーマンたちを追い詰めていきます。
そのほかにも、別シリーズでは「キングピン」として登場するウィルソン・フィスクも登場します。果たしてスパイダーマンたちは強敵に打ち勝つことができるのでしょうか。鑑賞する際はぜひヴィランたちの立ち回りも注目してみてください。

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」の魅力③勇気を与えてくれるストーリー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント