「こぐまのくうぴい」シリーズのおすすめ絵本7選|1歳からの成長を促してくれるお話が満載!

目次 目次

「こぐまのくうぴい」シリーズとは?

「そらまめくん」シリーズでも有名の、なかやみわ先生によって書かれた絵本シリーズ。
三起商行(ミキハウス)より発売されています。

母親の視点から描かれている「しつけ絵本」ということで、「あいさつ」「はみがき」「ねんね」などの日常生活をテーマにしています。

また、主人公が性別のない「こぐま」ということで、いろんなお子さんが共感しやすいのが特徴。

1歳くらいのお子さんが、楽しく生活習慣を学ぶのにぴったりのシリーズです!

①おはよう くうぴい

おはよう くうぴい

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61N7JW0TQ5L.jpg

出典元:Amazon

1日のスタートは「おはよう」の挨拶からですよね。
それから顔を洗ったり、お着替えしたり朝ごはんを食べたり…。

朝起きてする一連の動作の中で、みんながくうぴいに「おはよう」と声をかけてくれます。
くうぴいもみんなに「おはよう」と返します。
そのやりとりはなんと気持ちのよいこと!

「挨拶っていいものだなあ」と思わせてくれるような、さわやかな絵本です。
まさに、初めて読む「こぐまのくうぴい」シリーズにぴったり!

朝が苦手なお子さんにこの絵本を読めば、くうぴいみたいに「おはよう!」と起きてくれるかも。
顔を洗ったり着替えたりも、くうぴいをお手本にしてくれそうですね。

【商品概要】
・テーマ:あいさつ
・目安対象年齢:1歳以上
・ページ数:不明
・価格:600円(税抜)

②すきすき はみがき

すきすき はみがき

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61A4H361JWL.jpg

出典元:Amazon

ママやパパを悩ませる、「子どもの歯みがき」がテーマの絵本です。

くうぴいは歯みがきが嫌いで、歯ブラシを持つママから逃げます。
そこへ手鏡のキャラクター「みらーちゃん」がやってきて、くうぴいのお口の中を映します。

そこには、好き放題しているばいきんトリオの姿がありました。
それを見たくうぴいは、歯みがきをすることに。

「歯みがきしなさい!」と言っても伝わらなかったお子さんも、この絵本を見ることで虫歯菌の怖さが知れますよ。
「歯みがきしないとこんなばいきんがいっぱいくるよ!」「くうぴい、歯みがきしてえらいね」などお子さんに言えば、「歯みがきする!」と決意してくれるかも。

くうぴいと一緒に、ばいきんトリオから大切な歯を守りましょう!

【商品概要】
・テーマ:はみがき
・目安対象年齢:1歳以上
・ページ数:不明
・価格:600円(税抜)

③なかよくじゅんばん

なかよくじゅんばん

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81lq3Ije29L.jpg

出典元:Amazon

言葉で説明するのが難しい「順番」がテーマの絵本です。

くうぴいとお友達が公園で遊んでいると、「ぼくがさき!」「わたしがさき!」とみんなが言って、取り合いになります。
すべり台やシーソーや砂場は、「みんなでなかよく じゅんばんじゅんばん」と悲しそう。
「じゅんばんってなあに?」と、くうぴい達は考えます。

お子さんが児童館や公園に行くとようになると、たびたび起こる「順番待ち」のトラブル。
その場で教えようにも、泣いて暴れて、なかなかうまくいきませんよね。

この絵本を読めば、お友達と仲良く遊ぶ大切さがわかります。

はじめはわからなくても、繰り返し読むうちに「じゅんばん!」と集団生活のルールが身につくことでしょう。

【商品概要】
・テーマ:じゅんばん
・目安対象年齢:1歳以上
・ページ数:不明
・価格:600円(税抜)

④おやすみ くうぴい

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント