お買い物&おつかいをテーマにした絵本のおすすめ8選|おうちでお買い物気分が味わえる!

目次 目次

お買い物&おつかい絵本にはどんなものがあるの?

お買い物やおつかい絵本は、以下の3つの種類に分けられます。

①共感できるもの
お買い物をする主人公の姿に共感できるタイプ。
ファンタジー要素や冒険要素があるので、ドキドキワクワクします。

②疑似体験できるもの
実際にお買い物している気分になれるタイプ。
しかけが付いていたり細かな描写があったり、隅々まで楽しめます。

③教訓になるもの
お買い物やおつかいのときの注意点がわかるタイプ。
物語を通じて気を付けるポイントを知ることができます。

お子さんのお好みに合わせて選んでくださいね。

①はじめてのおつかい

はじめてのおつかい

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91f20IVRAkL.jpg

出典元:Amazon

5歳のみいちゃんが、ママに頼まれて牛乳を買うおつかいに出かけるお話です。

お店に向かう途中、自転車にベルを鳴らされたり転んでしまったりと、緊張の連続。
やっとお店についたと思ったら、誰もいません。
「牛乳ください」と言いたくても、小さな声しかでなくて…。

はじめてひとりでお買い物に行くみいちゃんの、不安な気持ちや責任感が描かれています。
またイラストも細部まで描写されているので、リアリティがありますよ。

お子さんは自分のことのように、ママやパパは我が子を見ているかのように感情移入できる1冊です。

【商品概要】
・出版社:福音館書店
・目安対象年齢:3歳以上
・ページ数:32ページ
・価格:900円(税抜)

②おかいもの

おかいもの

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81-i2L2Na8L.jpg

出典元:Amazon

小さなお子さんとのお買い物は大変ですよね。

「お魚見る!」「これニンジン?」とお店の商品に近づくお子さんに、「触っちゃダメ!」「それ買わないよ」と注意する場面も多いことでしょう。

そんなときに役立つのがこちらの絵本です。
まるで「お買い物図鑑」のように、ページをめくるたびに色鮮やかでリアルなお野菜や果物、魚や肉などが登場します。

お店ではじっくり見ることができない商品も、この絵本でたっぷり観察できますよ。

お店に行く前に「今日買うのはこれとこれだよ」と教えたり、お店から帰った後「さっき言ってたのはこのお魚かな?」など話したりすれば、親子のコミュニケーションも広がりそう!

【商品概要】
・出版社:主婦の友社
・目安対象年齢:初めてお買い物に行くくらい
・ページ数:24ページ
・価格:1,000円(税抜)

③ピグモンのおつかい

ピグモンのおつかい

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71w24sn0a0L.jpg

出典元:Amazon

ウルトラかいじゅうの中でも人気の「ピグモン」が主人公のお話。

ピグモンはママに頼まれて、手紙を届けにでかけることになりました。
行く前に、「知らない人についていかない」「物をもらわない」など、ママとたくさんの約束をします。
そして、おつかいの道中でさまざまな出来事が起こり…。

お子さんが「ひとりでおつかいに行きたい!」「ひとりでお買い物したい」と言ったときに心配なのが、防犯のことですよね。
この絵本では、そんなときにどうすればいいかが描かれています。

お子さんのおつかいデビュー前に読んでみてはいかがでしょうか。

【商品概要】
・出版社:株式会社あいうえお館
・目安対象年齢:3歳くらいから
・ページ数:32ページ
・価格:700円(税抜)

④おみせやさんで くださいな!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント