人気

あのキャラと同じ声!?『呪術廻戦』メインキャラ声優の代表的な他作品キャラまとめ

目次 目次

榎木淳弥(虎杖悠仁 役)

https://jujutsukaisen.jp/episodes/

本作の主人公、虎杖悠二を演じるのは、榎木淳弥。彼の他作品を見てみましょう!

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』(パンナコッタ・フーゴ 役)

イタリアが舞台の”ジョジョ5期”に登場する、ブローノ・ブチャラティ率いるギャング集団"パッショーネ"の頭脳派。優秀で紳士的な人物と思いきや、短気ですぐに激昂してしまうギャップのある役を演じています。

『アルテ』(アンジェロ 役)

中世フィレンツェが舞台の本作。アンジェロは、主人公で”画家の卵”アルテの友達で、工房見習い。男前で女性にとても優しいキャラクターでモテモテ。女性人気も高いです!虎杖とは正反対のキャラクターかもしれませんね。

『シャドウバース』(夜那月ルシア 役)

https://anime.shadowverse.jp/app/wp-content/uploads/2020/04/6a6e1395172602a16dc1c5b10a03d756.jpg

オンラインカードゲーム”シャドウバース”から派生したアニメに登場する、主人公のライバル的存在。孤独なシャドウバースプレイヤーで、圧倒的実力を誇ります。どちらかと言えば、伏黒っぽいキャラクターですね。

『八男って、それはないでしょう!』(ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター役)

異世界に転生し、貧乏貴族の八男からの出世を目指す物語の主人公。元々は、一宮信吾という名前のサラリーマンでしたが、朝目覚めると”ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター”という名前で生きていくことに...。

様々なキャラクターを演じている榎木淳弥ですが、やはり正義感溢れる主人公っぽい演技が素敵ですね。

内田雄馬(伏黒恵 役)

https://jujutsukaisen.jp/episodes/

普段クールな雰囲気で、式神使いの伏黒恵の声を担当するのは、内田雄馬。

『ぐらんぶる』(北原伊織 役)

https://www.grandblue-anime.com/story/02.html

大学への入学を機にダイビングサークルにのめり込んでいく大学生たちを描く本作。内田雄馬演じる主人公は、所謂、残念なイケメンで、無神経&鈍感なキャラクターを演じています。伏黒の役と比べてみると、演技の幅広さが伺えますね。すごいです!

『BANANA FISH』(アッシュ・リンクス役)

https://bananafish.tv/assets/img/common/story/05/01.jpg

ニューヨークのダウンタウンを舞台とする『BNANA FISH』の主人公アッシュ・リンクスの声も担当しています!ミューヨークの”ワル”を取りまとめる威厳とカリスマ性溢れる声は、痺れるものがありますね!

『ダイヤのA』(奥村光舟 役)

https://diaace.com/images/story_act2/story_act2_06_03.jpg

本作は、『週刊少年マガジン』で連載中の野球漫画。主人公、沢村のチームメイトでクールな捕手、奥村光舟を演じています。

『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』(カワキ役)

世界中にいファンを抱える『NARUTO -ナルト-』のその後の世界を描いた『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』。内田雄馬演じるカワキという頬の上に模様のあるキャラクターは、本作でも「ラスボスではないのか?」と噂される程のキーマンとなっています。物語が佳境になれば、熱演がもっと観られそうです!

『東京喰種トーキョーグール:re』(不知吟士 役)

https://www.marv.jp/special/tokyoghoul/images/story/001/p_002.jpg

本作は、人の形をしながら、人を喰らう”喰種”(グール)をテーマにする『東京喰種トーキョーグール』の続編。不知吟士は、攻撃的な見た目からは想像がつかない、優しく仲間思いの人物。それにしても外見が怖いですね。

瀬戸麻沙美(釘崎野薔薇 役)

https://jujutsukaisen.jp/episodes/

藁人形と釘で呪いを祓う釘崎野薔薇を演じるのは、瀬戸麻沙美。

『盾の勇者の成り上がり』(ラフタリア役)

https://www.imdb.com/title/tt9529546/mediaviewer/rm3494142208/

”盾の勇者”としてRPGのような世界に召喚された大学生、岩谷尚文の物語。ヒロイン役の従者ラフタリアを演じています。可愛いらしい見た目と、その勇敢さを感じられる声はギャップがあって良いですよね。

『ちはやふる』(綾瀬千早 役)

https://www.imdb.com/title/tt2150751/mediaviewer/rm4094221825/

広瀬すず主演で映画化されたことでも有名な、競技カルタを題材にした少女漫画。主人公の綾瀬千早を演じています。千早は、性格が男っぽくまっすぐすぎるところがあり、役柄的には釘崎と似ているかもしれませんね。

中村悠一(五条悟 役)

https://www.jujutsukaisen.jp/episodes/01.php

主人公の虎杖を超える人気を誇り、作中屈指の”最強”キャラクター、五条悟の声を担当しているのは、中村悠一。

『Dr.STONE』(獅子王子 役)

https://dr-stone.jp/wp-content/uploads/2019/06/%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88%E2%91%A1.jpg

本作は、原因不明の現象によって全ての生き物が石化し文明が消失した世界を舞台に、石化から復活した主人公で科学の天才、千空のサバイバルを描きます。中村悠一演じる獅子王子は、圧倒的な力で世界を征服しようと試みる、千空のライバルです。

『おそ松さん』(松野カラ松 役)

https://www.imdb.com/title/tt4838372/mediaviewer/rm1254334721/

『おそ松さん』は、赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』を原作に、彼ら六つ子の10年後を描く物語。人気の声優さんが多数出演する本作で、次男の松野カラ松を演じています。ひどくナルシストな一面があり、兄弟や周囲をあきれさせる一面がありますが、ギャグ要素の強い本作では、なくてはならないキャラクターです。

『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』(ブローノ・ブチャラティ役)

ギャング集団”パッショーネ”の幹部で、おかっぱヘアが特徴的な正義漢。「もう一人の主人公」と呼ばれるくらい人気&活躍の凄いキャラクターです。嘘を見分ける際に相手の汗を舐め、「この味は!ウソをついてる味だぜ…」というのは彼の名言ですね。

『ハイキュー!!』(黒尾鉄朗 役)

https://haikyu.jp/core_sys/images/contents/00000053/block/00000188/00000336.jpg?1610590865

昨年連載が終了した、高校バレーが題材の漫画『ハイキュー!!』。都内の強豪である音駒高校排球部主将、黒尾鉄朗の声を担当しています。頭脳派の一面がありながらお調子者という性格で、すごく五条っぽいキャラクターですね。

『東京喰種トーキョーグール』(四方蓮示 役)

喰種(グール)の一人で、喰種の営む”あんていく”に住んでいる、同じく喰種である芳村功善の側近。人間の死体を集めるような暗いキャラクターで、寡黙な人物を演じていました。

以上が中村悠一が担当しているキャラクターです。全体的に強いキャラクターが多い気がしますね。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

7月4日(日)放送開始「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」