絵本累計発行部数TOP10!プレゼントにもおすすめの大人気絵本紹介

目次 目次

絵本累計発行部数TOP10!プレゼントにもおすすめの大人気絵本紹介

松谷みよ子さんの「いないいないばあ」が、国内絵本で初めて700万部を突破し、ニュースでも取り上げられました。

そこで今回は株式会社トーハンがネット上で発表している「ミリオンぶっく」の発行部数を基に、絵本累計発行部数TOP10をご紹介します。

名作ぞろいの10作品、何冊知っているか数えてみてください!

※全国の書店店頭でも「ミリオンブック」が配布されています。今回はネット上の数値を基にしたため、配布されている「ミリオンブック」とは、発行部数や順位に差があることがあります。

いないいないばあ|700万部突破

いないいないばあ

出典元:Amazon

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本) (日本語) 単行本 – 1967/4/15松谷 みよ子 (著), 瀬川 康男 (イラスト)童心社

まずは700万部突破の「いないいないばあ」を振り返ってみましょう。

1967年に発売され、たくさんの親子に愛されている「いないいないばあ」は、「ねこ」や「くま」がいないいないばあをするシンプルな絵本です。

絵を担当している瀬川康男さんは他にも「いいおかお」や、「もうねんね」などの挿絵も担当されています。
シンプルなのに深みのある優しい絵で、松永みよ子さんの文体ともぴったり合っていますよね。


「いないいないばあ」以外の松永みよ子さんの作品は、こちらで詳しくご紹介しています。

内部リンク

ぐりとぐら|523万部

ぐりとぐら

出典元:Amazon

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) (日本語) ハードカバー – 1967/1/20なかがわ りえこ (著), おおむら ゆりこ (イラスト)福音館書店

ある日道の真ん中で、大きな卵を見つけたぐりとぐら。
これを使ってカステラを作ろうと思いつきます。
二人は上手に作れるでしょうか?

お料理と食べることが大好きな二人の最初のお話です。
ぐりとぐらのカステラは、いろいろなところでレシピが紹介されていたりして、とても人気があります。

ところでどちらが「ぐり」でどちらが「ぐら」か知っていますか?
答えは表紙に隠れていますよ!

はらぺこ あおむし(通常版)|420万部

はらぺこあおむし

出典元:Amazon

はらぺこあおむし (日本語) ハードカバー – イラスト付き, 1976/5/1エリック=カール (著), もり ひさし (翻訳) 偕成社

エリック・カールの「はらぺこ あおむし」は、グッズもたくさん販売されている、大人気の1冊です。

色々な食べ物を食べてだんだんと成長していくあおむし。
最後にあおむしが変身した姿は、カラフルで目を奪われます。

実はボードブック版はこれとは別に273万部を売り上げています。
他にもいろいろな大きさの「はらぺこあおむし」が販売されているので、すべて合わせると700万部は突破しているのかもしれません。

しろくまちゃんのほっとけーき|319万部

しろくまちゃんのほっとけーき

出典元:Amazon

しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん) (日本語) ハードカバー – 1972/10/15わかやま けん (著)こぐま社

しろくまちゃんがほっとけーきを作ります。

卵を割る、牛乳を入れる…フライパンで焼く。
ぽたあん・どろどろ・ぴちぴち…。
フライパンの上でどろどろのホットケーキが変わっていく様子は、とってもリアル。

こちらのホットケーキも、ぐりとぐらのカステラと同じように、とても有名ですね。

見開きいっぱいに焼ける様子を見ると、実際に自分が作っているところが目に浮かぶようです。
この絵本を参考に子どもとホットケーキを焼くのも楽しそうです。

しろくまちゃんがほっとけーきを作ります。

卵を割る、牛乳を入れる…フライパンで焼く。
ぽたあん・どろどろ・ぴちぴち…。
フライパンの上でどろどろのホットケーキが変わっていく様子は、とってもリアル。

こちらのホットケーキも、ぐりとぐらのカステラと同じように、とても有名ですね。

見開きいっぱいに焼ける様子を見ると、実際に自分が作っているところが目に浮かぶようです。
この絵本を参考に子どもとホットケーキを焼くのも楽しそうです。

てぶくろ|318万部

てぶくろ

出典元:Amazon

てぶくろ (世界傑作絵本シリーズ) (日本語) 大型本 – 1965/11/1エウゲーニー・M・ラチョフ (イラスト), うちだ りさこ (翻訳)

おじいさんが落とした片方の手袋が、物語の始まりです。
その手袋を最初に見つけたのは、ねずみ。
ねずみは、手袋の中に住むことにします。

次に来たのはカエル。
カエルも、一緒に住むことにしました。

こうしてどんどん増えていく住人。

小さな手袋に、こんなに大きくても入れるの?と心配になるような動物が次々に現れます。

次はどんな動物が現れるのか?ちゃんと手袋に入れるのか?
子どもは、はらはらしながら物語を聞いていることでしょう。

おおきなかぶ|312万部

おおきなかぶ

出典元:Amazon

おおきなかぶ (日本語) 大型本 – 1966/6/20A.トルストイ (著), 佐藤 忠良 (イラスト), & 1 その他 福音館書店

知らない人はいないんじゃないかというほど有名なこの絵本。

「おおきなかぶ」は、実はロシアの昔話です。
おじいさん・おばあさんたちが、みんなで協力して大きなかぶを抜こうと奮闘します。

幼稚園の発表会でもよく披露されますね。
誰しも一度ぐらいは「うんとこしょ、どっこいしょ」と真似したり、見たことがあるのではないでしょうか?

ねないこだれだ|311万部

ねないこだれだ

出典元:Amazon

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本) (日本語) ハードカバー – 1969/11/20せなけいこ (著, イラスト)福音館書店

次にご紹介するのは、独特の雰囲気があるせなけいこさんの「ねないこだれだ」です。

この絵本を雰囲気たっぷりに読み聞かせると、子どもが緊張しながら聞いているのを感じます。
もしかしたら怖くて苦手だという子どももいるかもしれません。

早く寝ろ~という、お父さんお母さんの願いが込められた絵本のような気もしますね。
お休み前の読み聞かせにもおすすめです。

ぐりとぐらのおきゃくさま|301万部

ぐりとぐらのおきゃくさま

出典元:Amazon

ぐりとぐらのおきゃくさま (ぐりとぐらの絵本) (日本語) 単行本 – 1967/6/1なかがわ りえこ (著), やまわき ゆりこ (イラスト)福音館書店

ぐりとぐらの絵本シリーズがもう一冊ランクインしました。

ある日雪の上に、大きな足跡を見つけた二匹。
その足跡は、何と二人の家の前まで続いています。

その足跡はいったい誰のものなのか?
二人の家で、何をしているのか?
読んでみてのお楽しみです。

実はその足跡の主は、子どもたちが大好きなあの人!
いくつかのヒントをもとにして、親子で想像しながら読んでいくと楽しいですよ。

きんぎょが にげた|284万部

きんぎょが にげた

出典元:Amazon

きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ) (日本語) ハードカバー – 1982/8/31五味 太郎 (著)福音館書店

五味太郎さんの「きんぎょがにげた」は、逃げだした金魚がどこにいるのか探す参加型絵本です。

小さな子どもでも、食い入るように絵本を見つめて、逃げた金魚を探します。
子どもに、楽しみながら集中力を身に着けさせるのにぴったりの絵本です。  

じゃあじゃあ びりびり|282万部

じゃあじゃあびりびり

出典元:Amazon

じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん) (日本語) ボードブック – 2001/8/27まつい のりこ (著)偕成社

「じゃあじゃあ びりびり」は、典型的なオノマトペ絵本です。

おしゃべりをするようになるころの赤ちゃんは、オノマトペが大好き。
犬の「わんわん」水の「じゃあじゃあ」など、オノマトペの初歩を自然と学べます。

赤ちゃんのファースト絵本としてもおすすめです。

おわりに

TOP10に名前を連ねた絵本の数々、その中で何冊ご存じでしたか?

どの絵本も長年愛されてきた名作ぞろい。
きっとお気に入りの一冊が見つかりますよ!

ぜひ親子で大人気絵本の世界を楽しんでください!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント