寒い日に家族と観たいおすすめ冬映画といえば「スノーベイビー」

目次 目次

映画「スノーベイビー」の基本情報

映画「スノーベイビー」は日本未公開の映像作品です。米中合作映画となっており、制作は映画「マダガスカル」シリーズや映画「カンフー・パンダ」シリーズなどを手掛けているドリームワークス・アニメーションとパール・スタジオが手掛けています。
日本では劇場公開されませんでしたが、レンタルや配信サービスで視聴可能となっており、知る人ぞ知る評価の高い作品です。日本語吹き替え版があるので、外国語がわからない人も視聴可能です。

映画「スノーベイビー」のあらすじ

それではあらすじを紹介していきましょう。
物語は、とある研究所でイエティが脱走したことから始まります。研究員の努力もむなしく、イエティは行方知れずとなってしまいました。
場面は変わって上海。主人公・イーは雑用をこなして小銭稼ぎをしています。それは亡くなった父と一緒にしたかった海外旅行をするための資金でした。事情を知らない母親はおばあさんはとても心配しています。
イーは夜になるとこっそり住んでいるビルの屋上で、父の遺品であるバイオリンを弾くのが日課でした。いつものようにバイオリンを奏でていると、謎の生き物と遭遇します。それは研究所から逃げ出したあのイエティでした。
イーたちの上空では、ヘリコプターが飛んでいます。研究所のスタッフたちは、血眼になってイエティを探しているのです。イエティが追われている身だとイーは匿うことを決めて、「エベレスト」と名付けます。
しかしとうとう、エベレストは友達であるベンやジンに見つかってしまいました。ジンはイーが襲われていると勘違いして、警察に通報します。その通報がきっかけで、研究所のスタッフたちに居所が知られてしまいました。
エベレストと一緒に逃げるイーは、ベンやジンと一緒にエベレストの故郷へ向かうことを決意します。船に乗り込んで島に到着するものの、なんの準備もしていなかったので、飢えと渇きに悩まされます。
するとエベレストは歌いだし、その不思議な力でブリーベリー畑の実を成長させました。喜ぶイーたちは、同時にエベレストは不思議な力が使える特別な生き物であることに気づきます。
見知らぬ土地を突き進むイーたち。しかしその一方で、研究所のスタッフたちもまた、イーたちを着実に追い詰めていきます。イエティの捕獲を依頼したバーニッシュは、珍しい生き物を愛する老人です。彼は若いころにイエティを目撃し、本当に生息していることを証明するために、どうしてもイエティが必要だったのです。
しかしこのままでは、嘘つきになってしまいます。焦ったバーニッシュはスタッフたちに加わって、ともにイーたちを追いかけて居ました。そしてとうとう、イーたちのところにたどり着き、襲い掛かります。
命からがら逃げだしたイーたちでしたが、逃げ遅れたジンは捕まってしまいました。
果たして彼らは無事に再会することができるのでしょうか。そしてエベレストは、故郷へ帰ることができるのか。

映画「スノーベイビー」に登場するスノーベイビーの正体は?

物語の重大な役目を担っているエベレストの正体は、イエティと呼ばれる未確認生物がモデルになっています。イエティはエベレストの名前にもなっているヒマラヤ山脈に生息しているとされている生物で、その正体は諸説あります。
正体不明の生物を、本作では可愛らしい見た目で親しみやすさが前面に押し出されているのが特徴。子どもだけでなく、大人もつい笑顔になってしまうような愛らしいキャラクターです。

映画「スノーベイビー」のおすすめポイント①舞台設定の魅力

映画「スノーベイビー」の物語は上海から始まります。そのため、日本とは異なる文化を学べるのも魅力。主人公・イーが住んでいる都市はビルが立ち並び、どこか日本に近い風景であることから、抵抗なく世界観に入り込むことができるでしょう。
そして物語が進み、エベレストの故郷へ目指す過程では様々な海外の風景を楽しむこともできます。物語を楽しみながら、日本とは異なる文化や世界に触れる入り口としてもおすすめの作品です。

映画「スノーベイビー」のおすすめポイント②癖のあるキャラクターに注目!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える