消しゴムはんこ作り|5つのアイディア【おすすめ動画】親子で手作りしよう!

目次 目次

基本の「消しゴムはんこ」の作り方

カッターやデザインナイフなどを使って、消しゴムに絵や文字を彫っていきます。
彫る場所を間違えないように、彫る部分は蛍光ペンなどで塗りつぶすとわかりやすいですよ。

しかし、彫りすぎたときの修正にはコツがいるので、はじめて作る場合は、消しゴムはんこを手作りするためのセットを準備するのがおすすめ!
彫り方の手順などが詳しく記載されていてわかりやすいですよ。

慣れてきたら、消しゴムだけを買い足して好きなはんこのデザインを増やしていきましょう。

出来上がった消しゴムはんこは、メッセージカードや季節の挨拶ハガキに押したり、ドリルなどの「出来たよシール」のかわりとして使ったりと、いろいろな方法で使えますよ。

①消しゴムハンコ 作ったことありますか?

まずは、動画で消しゴムはんこの作り方をみていきましょう。

こちらの動画では、パンダの消しゴムはんこの作り方が説明されています。
丁寧に解説されているので、初心者にも手順がとてもわかりやすいですよ。

消しゴムとカッターの持ち方や刃の角度をしっかりと確認することで、思わぬケガを防ぐことにもつながります。
カッターを持つ右手は動かさずに、消しゴム側の左手を動かすのがコツ!

動画を参考に作ってみると、意外と簡単に作れて掘り出す作業がとっても楽しいですよ。

【材料】
・消しゴム(消しゴムはんこ専用)
・図柄(下絵)
・トレーシングペーパー
・シャープペンシル
・カッター
・カッター板
・スタンプ台

②はじめての消しゴムはんこ教室

初心者向けに消しゴムはんこの作り方が説明されています。
ウサギや葉っぱなどの細かい部分の彫り方を見ることもできますよ。

図案の難易度が高くないものが選ばれていて、仕上がりもとても綺麗なので、まずは真似て作ってみるのもおすすめ!

動画のページにおすすめの道具や材料も紹介されていて、色んな消しゴム材料ではんこを作っている動画が紹介されているので、参考にしてみてくださいね。

③鬼滅の刃「ねずこ」を作ってみた

小学2年生の女の子が、人気アニメ鬼滅の刃のキャラクターの絵を図案に消しゴムはんこを作っています。

細かい絵の部分も多いデザインですが、最後にスタンプを押してみると……!?
小学校低学年の子どもでも意外と上手に作れていることがわかります。

最初は簡単なデザインから作ってみてコツを掴んだら、自分の彫ってみたいデザインの消しゴムはんこを作ってみる方が、子どものやってみたい気持ちを引き出してくれるかもしれませんね。

④ほるナビDXセット2

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント