【ふしぎ駄菓子屋 銭天堂】の魅力を解説!ストーリーに隠されたメッセージとは?

目次 目次

「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」ってどんなお話?

https://lineup.toei-anim.co.jp/upload/save_image/episode/11148/story_img_1.jpg

ママたちの育児の助っ人、Eテレでアニメ放映もされている「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」は、子どもから大人まで幅広い年齢層が魅了されています。店主「紅子」が営む銭天堂に出会えるのは、幸運な人だけ。紅子がおすすめする駄菓子は、その人の悩みを解決できる優れものですが、食べ方や使い方を間違えると不幸になってしまうことも…。駄菓子を手にした人の運命やいかに!
…とドキドキしながら見入ってしまう物語です。

銭天堂に登場する人物たち

紅子(べにこ)

http://www.kaiseisha.co.jp/assets/img/special/zenitendo/ogp.jpg

白髪をまとめてお団子にし、真っ赤な口紅をつけた、銭天堂の女店主。赤紫色が印象的な古銭柄の着物、ふくよかな体型が特徴です。訪れたお客の悩みを解決できる駄菓子を提供し、主人公の行く末を見守っています。

墨丸(すみまる)

https://www.kaiseisha.co.jp/assets/img/special/zenitendo/character/sumimaru.png

紅子が飼っている黒猫で、紅子とは言葉が通じます。賢い猫なので、お客を銭天堂まで導いたり、紅子が不在のときには店番したりする猫です。

金色の招き猫たち

https://www.kaiseisha.co.jp/assets/img/special/zenitendo/character/goldcats.png

銭天堂の駄菓子を食べたお客が幸せになると、小瓶に入っていた小銭が招き猫に変わります。招き猫達は店の地下にある工場で、駄菓子を作ったり箱を組み立てたりして働いています。

銭天堂の魅力ポイントはココ!

https://lineup.toei-anim.co.jp/upload/save_image/episode/11140/story_img_1.jpg

画のタッチやストーリーによっては、少し恐いと感じることもある銭天堂ですが、なぜ幅広い年齢層から人気があるのでしょうか?その魅力を解説していきましょう。

スカッとする展開が気持ちいい

幸せになるのか、それとも不幸になってしまうのかは、使う人次第という、そのスリリングな展開に魅了されてしまう人が続出。望みを叶えてくれるスーパーアイテムである反面、欲望のままに使ってしまうと痛い目にあうのが銭天堂の魅力。自分勝手な人には天罰がくだり、心優しい人にはハッピーエンドが待っているため気持ちよく見続けられます。

自分と通じる感情がある

https://lineup.toei-anim.co.jp/upload/save_image/episode/11198/story_img_4.jpg

どんな感情で動くと、どのような結末になるのか、主人公の行く末を見て、他人の人生をのぞき見しているような感覚になる銭天堂。さらに、自分も同じような感情になる場面もあるなど、身近な内容も魅力のひとつです。
例えば悪夢を食べてくれる「獏ばくもなか」が出てくるお話では、娘の悪夢がなくなるもなかと、娘を苦しめた相手に仕返しする「逆襲ジンジャエール」の二択を迫られます。娘を救いたいのはもちろんですが、苦しめた相手への逆襲も捨てがたい気持ち、とてもよくわかりますよね。醜い感情かもしれませんが、そんな本音の部分も見えるところがまた面白いポイント。この回の主人公はどちらを選んだのか…。
続きが気になる展開に、アニメの放送の10分間はあっという間に過ぎてしまいます。

主人公の年齢層が幅広い

銭天堂にたどり着く主人公の年齢は、その回によってバラバラ。小学生くらいの子どもから、大人まで老若男女問わず訪れるため、見ている人の幅も広がるのでしょう。本の方は児童書になってはいますが、中身は小説のような感じなので、子どもも大人も楽しめます。

優しい心を持つことを教えてくれる

全体のストーリーを通して、「思いやりをもって行動する」「欲張りすぎない」ことを教えてくれることが、銭天堂の魅力のひとつ。言葉ではわかっていても、なかなかイメージしにくいことではないでしょうか。銭天堂を見れば、実際に思いやりをもつことでどんないいことがあるのか、欲張りすぎてしまうとどんな結末が待っているのかを具体的なストーリーで教えてくれます。

お悩み解決をしてくれる駄菓子がユニーク!

http://www.toei-anim.co.jp/tv/zenitendo/assets/img/character/ep01d01_img.png

店主の紅子が主人公の悩みを解決するためにすすめてくれる駄菓子も人気の理由のひとつです。食べるだけでカリスマ性が備わって人気者になれてしまうという「カリスマボンボン」や食べるとカモメになれる「カモメアメ」など、ユニークなネーミングの駄菓子ばかり。バツグンの効果もさることながら、美味しそうなものばかりで思わず食べてみたくなっちゃいますよ。

どんな本になってるの?

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71keiui3S0L.jpg

銭天堂の本は、2013年の発売以降、14巻まで発売されています。
作者は廣嶋玲子さん、絵はjyajyaさんです。2020年5月「第2回 小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」では第4位にランクイン!
絵本というよりは文字が多めなので、子ども版小説のような本です。出版元の偕成社の情報によると、小学校中学年からにおすすめ。ひとつひとつのストーリーは短いので、大人はもちろん、子どもでも飽きずに読み進められるでしょう。

・本体価格 900円(税抜)
※2020年12月現在の情報です。

小さな子どもにはアニメ放映がおすすめ!

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント