【1970年代】懐かしのキャラクターまとめ

目次 目次

① パティ&ジミー

https://www.sanrio.co.jp/character/pattyandjimmy/#char_profile

元気いっぱいおてんばな女の子「パティ」と、勉強が得意で心優しい男の子「ジミー」。
2人はアメリカのカンザスシティに住んでいるラブラブカップル。いつでもおそろいの服を着て、仲良く遊んでいます。

アメリカンな配色とポップな絵柄で、当時はパティ&ジミーのペンケースや鉛筆が大人気でしたよね!
パティ&ジミーが登場した1974年はあのハローキティが誕生した年でもあり、キティちゃんといっしょにサンリオ人気に火をつけました。

② 亜土ちゃん

http://www.adochan.com/

1970年代に「歌のおねえさん」として活躍した水森亜土さんが生み出したキャラクターです。

乙女チックでキュート、それでいてどこか大人っぽい世界観に当時の女の子の心をわしづかみ!
亜土ちゃんの文房具やマグカップを求めて、街中を歩き回ったという女の子も多かったのでは?

水森亜土さんの「透明なアクリルボードに絵を描きながら歌う」という独特のパフォーマンスも話題を呼び、いまなお日本中の女の子を夢中にさせています。

③ トムとジェリー

https://warnerbros.co.jp/characters/tomandjerry/

日本では1964年に地上波初放送された「トムとジェリー」。

乱暴ものだけどおっちょこちょいでどこか憎めないトムと、小さいけれど頭脳明晰で一枚も二枚も上手なジェリーのおいかけっこを描いたアニメ作品は、放送されるやいなや子どもたちの間でたちまち大人気に!

現在にいたるまで何度も再放送を繰り返し、世代を超えて愛され続けています。

④ みんなのたあ坊

https://www.sanrio.co.jp/character/tabo/

たあ坊はいつも明るく、元気な男の子。ちょっとドジでおっちょこちょいな一面もあるけれど、がんばりやさんでとっても素直!体を動かすことが大好きで、おともだちもいっぱいいます。

サンリオはじめての「ごくごく普通の男の子のキャラ」として登場し、当初は中高生をメインターゲットとしていましたが、だんだんと子どもたちからも人気を集めるように。

たあ坊のグッズにはイラストといっしょに「ありがとう」や「がんばれ」などの言葉が添えられていることが多く、プレゼントグッズとしても人気でした!

⑤ ピンクパンサー

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント