パパママに懐かしい『ロングセラー絵本』おすすめ6選

目次 目次

①はれときどきぶた

https://books.rakuten.co.jp/rb/76187/

お母さんに勝手に自分の日記を読まれて、腹を立てた“10円やす”こと畠山則安くん。

明日は「はれ、ときどきぶたがふるでしょう」 ━━ 10円やすは、でたらめな日記を書きます。
ところが次の日、本当にぶたが......!

1980年出版。
子どもたちの妄想心をくすぐる名作シリーズです。
空からぶたが降ってきたり、お母さんの首がのびたり、鉛筆の天ぷらが出てきたり、子どもたちの頭の中の想像力を膨らませてくれる作品です。

<商品概要>
出版社:岩崎書店
作・絵:矢玉 四郎
ページ数:80ページ
定価:1210円(税込み)

②スイミー 

https://books.rakuten.co.jp/rb/248689/

小さな魚のスイミーが、仲間と協力して大きな魚と戦い、仲間を助けるお話。
赤い魚の兄弟の中で一匹だけ黒いスイミーが、戦いの際、どのように活躍するのか。

日本での初出版は1963年。
小学校の教科書でも掲載されて、よく覚えているパパママも多いのではないでしょうか?お遊戯会の題材になったクラスもありますね。

仲間と協力することや、自分ならではの役割りといったことも学べる名作絵本です。

http://www.kogakusha.com/book/187/

<商品概要>
出版社:好学社 
作:レオ・レオニ、訳:谷川 俊太郎
ページ数:32ページ
定価:1601円(税込み)

③いないいないばあ

https://books.rakuten.co.jp/rb/118912/

「いない いない ばあ くまちゃんが、ほらね いない、いない……ばあ!」

1967年出版。
シンプルかつわかりやすい、ファーストブックとしても根強い人気をもつ名作絵本。
赤ちゃんとのコミュニケーションにぴったりで、本当に笑ってくれると評判の絵本です♡

発行部数680万部を超える、日本で1番売れている絵本(トーハンミリオンブック2020調べ)!
出産祝いなどのプレゼントとしてもおすすめです。

<商品概要>
出版社:童心社 
文:松谷 みよ子、絵:瀬川 康男
ページ数:20ページ
定価770円(税込み)

④わすれられない おくりもの

https://item.rakuten.co.jp/bookfan/bk-4566002640/

いつもみんなから頼りにされ慕われていた物知りのアナグマは、年老いた自分の死を悟ります。

やがて大切な友だちを失い、残された仲間たちは悲しみでどうしていいかわかりませんでした。
春が来て外に出られるようになると、みんなは互いに、いろいろなことを教えてくれたアナグマの思い出を語り合うようになります。

1986年出版。
「大切な人の死」を乗り越えるという重要なテーマを、やさしく教えてくれる作品です。

今は実感がわかなくても、あとになってわかる。
そう思って読ませたいパパママも多いのではないでしょうか?

<商品概要>
出版社:評論社 
絵:スーザン・バーレイ、訳:小川 仁央
ページ数:26ページ
定価:1320円(税込み)

⑤三びきのやぎのがらがらどん ノルウェーの昔話 

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「WHO are YOU? ポケモン」で遊んでみた動画

「恐竜くんの 地球だいすき!ダイナソー」キッズステーションにて放送中

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える