クリスマスツリー・クラフトのアイデア10選【アメリカン・キッズ・アート】

目次 目次

クリスマスツリーについて考えてみよう!

クリスマスの時期に登場する、クリスマスツリー。
アメリカでは本物のモミの木を飾る家庭も多いので、この時期になると、農場やホームセンターなどでも、生のツリーが並びます。
買ったばかりのツリーを車の上に乗せて運ぶシーンは、冬の風物詩ですね!

リビングルームに設置したら、煌びやかなオーナメントやライトを飾り付け!
家族全員が楽しめる、楽しい時間です。

ところでこのクリスマスツリーには、一体どんな意味があるかご存知ですか?

ヨーロッパ風のクリスマスの待ちどおしいこどもたちのイラスト

「クリスマス(=キリストの降誕祭)」という言葉がついていますが、実はクリスマスツリーの始まりは、キリスト教とは関係がないそうです。

起源は、北欧に住む古代ゲルマン民族のお祭り。
冬至を祝う際に、樫(カシ)の木を使っていたのですが、冬でも葉っぱが青々としている樫は、「生命の象徴」とされていたそうです。

その後キリスト教の宣教師たちがやってきて、この民族に宗教を広めようとします。
その際に、樫の木を、キリスト教と繋がりのあるモミの木に変えたんですって!

そして1600年代には、ドイツの各地でクリスマスツリーを飾るように。

イギリスに広まったのは、1840年のこと。
ヴィクトリア女王が、ドイツ出身の夫のために、クリスマスツリーを飾ったのが始まりでした。

アメリカでは、ドイツからやってきた移民がクリスマスツリーの文化を広めたそうです。

このようにして、クリスマスツリーを飾る文化は世界各地に広まっていったのですね。

コーヒーフィルター × 枝 =クリスマスツリー!

まず最初にご紹介するのは、コーヒーフィルターを使ってクリスマスツリーを作る、面白いアイデア!
フィルターを緑色に染めたら、フィンガーペイントやポンポンなどで飾りつけ!

その後は、拾ってきた本物の枝にくるっと丸めて固定します。

紐を付けたらオーナメントにもなりますね。
たくさん並べると、それぞれの個性が光って素敵です!

クリスマスカードのアイデアは3つ!

クリスマスカードを手作りすると、クラフトの楽しさも味わえて、誰かにも喜ばれるので、一石二鳥!
こちらはボタンをツリーの形に貼るだけの簡単アイデアです。
難度は高くないので、小さい子どもとも一緒に楽しめそうです。

もう少し難しいクリスマスカード作りに挑戦するなら、こちら!

画用紙を山折・谷折りして、長さを変えたものを5枚、カードに貼ります。
すると、立体的なクリスマスツリーのカードが完成です。

こちらは、上級者におすすめのクリスマスカードです。

キラキラの画用紙がホリデー感を醸し出してくれていますね。
ツリーの部分の作り方は、動画でわかりやすく紹介していますので、ぜひご参考に。

枝 × 毛糸 = クリスマスツリー!

枝を十字型に交差させ、そこにグルグルと緑色の毛糸を巻いていきます。
ボタンなどで飾りつけすると・・・ナチュラルな雰囲気のクリスマスツリーができますよ!

オシャレ度100%のクリスマスツリー。

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント