読み聞かせのプロがおすすめする英語の絵本8選【英語が苦手なパパ・ママでも大丈夫】

目次 目次

英語絵本の読み聞かせを始める前に知っておきたいこと

2020年には小学生の英語必修化がスタート。
お子様の将来の英語教育に向けて、「英語絵本の読み聞かせ」を取り入れたいと、考えているご家庭も多いのではないでしょうか?

でも…

・パパ・ママの英語の発音が上手じゃないと逆効果?
・何歳から始めるべき?
・英語がわからないと、こどもが興味を示さないのでは?
・どんな絵本を選べばいい?

などなど、色々と気になることも多いですよね!

そこでまずは、英語での読み聞かせを始める前に、知っておきたいことからお伝えしていきますね。

英語の発音はネイティブじゃなくても大丈夫!

「自分の英語の発音が悪いと、こどもの発音にも影響するのでは…」と、英語絵本の読み聞かせに二の足を踏んでいるパパ・ママも少なくないでしょう。

大丈夫です!

パパ・ママの英語の発音は、ネイティブである必要なんて、まったくありません。

英語の絵本を読み聞かせる目的は、お子様に英語の本や英語が楽しいものだと思ってもらうこと。

発音は、お子様が英語に興味を持てば、英会話スクールの先生など、プロがなんとかしてくれるので心配しないでください(^^)

最近は英語の読み聞かせアプリや、YouTube動画に読みかせを任せるという手もありますが…個人的には、オススメしません。
そういったツールは、パパ・ママの音読練習用として活用するなら◎
でも、一番大切なのは、パパ・ママと一緒に読むことです。

自分の音痴がうつると嫌だから…という理由で、子守唄はCDのみという知人がいるのですが、なんとなく違和感を感じませんか?
どんなに音痴でも、お子さんが好きなのはパパ・ママの歌声ですよね。
英語絵本の読み聞かせも同じです!

有名な絵本は、YouTubeに朗読動画がアップされていることが多いので、どうしても発音が気になるようであれば、お手本にして練習しておくことをオススメします。

こどもと一緒に、大人も英語の勉強ができて、一石二鳥(^^)

英語絵本の読み聞かせは何歳からでもOK!

「英語の読み聞かせは、0歳のうちに始めないと意味がない?」という話も、たまに聞きますが…何歳からでも、遅すぎるということはありません。

オススメは、言葉を話し始める2〜3歳。
いつも読んでいる日本語の絵本3冊のうち、1冊を英語の絵本に変えてみるという感じで、少しずつ取り入れていきましょう。

もちろん、興味を示すよようであれば、もっと早くから始めてもOK。
逆に、まったく興味を示さないようであれば、少し時間を置いてみるというように、ゆっくり進めてもOKですよ。

いかに早くから英語の絵本の読み聞かせを始めるかよりも、まずは日本語の絵本で「読み聞かせの習慣」をしっかり作っておくことのほうが、長い目で見ると大切になってきます。

英語絵本の読み聞かせのコツ

はじめのうちは、英語の意味がわからなくて、「つまらない」と感じてしまう子多いと思います。

当然ですよね(^^;)

そこで、初めて読む絵本は、英語で読んだ後に日本語で簡単に訳したり、日本語でコメントを挟むようにして、興味をひくのも有効な方法です。

また、しかけ絵本や、数を一緒に数える絵本、同じフレーズが繰り返し出て来る絵本、動物の鳴き声などパパ・ママの演技力が発揮できる絵本などは、英語がわからなくても楽しめるのでオススメですよ。

つぎは、これから英語の読み聞かせをスタートする方に、おすすめの絵本8冊をご紹介していきます!

読み聞かせにオススメの英語絵本8選

0歳〜8歳くらいのお子様にオススメの、英語の絵本を8冊厳選しました。

どれもイギリスの幼稚園では定番の絵本で、わが家の娘たちのお気に入りばかり!

まだ英語がほとんど話せない次女(4歳)も、ほぼ英文を丸暗記するほど、何度も繰り返し読んでいます♪

Dear Zoo

https://www.amazon.co.jp/Dear-Zoo-Friends/dp/141694737X/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=2FYMG97ACBP3B&keywords=dear+zoo&qid=1574760899&sprefix=dear+zoo%2Caps%2C379&sr=8-1

オススメの年齢:0歳〜4歳くらい

動物園(zoo)に、「ペットを送ってください」と手紙を書いたら…送られてきた動物は?
めくると動物が見られる、しかけ絵本(^^)

大きすぎる!背が高すぎる!怖すぎる!などなどの形容詞や、動物の名前が覚えられますよ。

DINOSAUR ROAR!

https://www.amazon.co.jp/Dinosaur-Roar-Henrietta-Stickland/dp/1509828087/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=LY6F3O44U0T5&keywords=dinosaur+roar&qid=1574761216&sprefix=dinasaur+roa%2Caps%2C326&sr=8-1

オススメの年齢:0歳〜4歳くらい

「速い」「遅い」、「短い」「長い」など、2匹の対象的な恐竜がマイページ登場!

恐竜効果なのか、読み終わっても「もう一回!もう一回!」とせがまれる1冊です。

形容詞の意味に合わせて、読み方に工夫をするのがポイントですよ!

Ten Wriggly Wriggly Caterpillars

https://www.amazon.co.jp/Wriggly-Wiggly-Caterpillars-Debbie-Tarbett/dp/1589254694/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1574761032&sr=8-2

オススメの年齢:0歳〜4歳くらい

10匹のイモムシが、ページをめくるたびに1匹、また1匹と減っていく、しかけ絵本。
楽しみながら、1〜10までの数字が学べますよ。

最後のページでは、蝶が飛び出すのですが…喜びすぎて、かなりの確率で破られてしまいます(^^;)

Oh No, GEORGE!

https://www.amazon.co.jp/Oh-No-George-Chris-Haughton/dp/1406344761/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1J98CG88M7S1P&keywords=oh+no+george&qid=1574761311&sprefix=oh+no+%2Caps%2C356&sr=8-1

オススメの年齢:2歳〜6歳

犬のジョージが、飼い主の留守中にイタズラし放題。
でも、本当はいい子でいたかったジョージがかわいい!
最後のページでは、こどもと一緒に結末を考えることもできるという、本当によくできた絵本です。

ジョージがイタズラをしたときの、「Oh, no, George!」が繰り返し出てきて、キャッチー。

THE VERY HUNGRY CATERPILLAR

https://www.amazon.co.jp/Very-Hungry-Caterpillar-board-book/dp/0399226907/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=250PWKZ9Z0OJS&keywords=the+very+hungry+caterpillar&qid=1574761418&sprefix=very+hu%2Caps%2C356&sr=8-1

オススメの年齢:2歳〜6歳

日本でも大人気「はらぺこあおむし」のオリジナル版。

指をあおむしのようにクネクネして、食べ物の穴に指を入れて遊びながら読むのがオススメです!

イギリスの幼稚園でも、この絵本を使って曜日を覚える練習をよくしていますよ。

We're Going on a Bear Hunt

https://www.amazon.co.jp/Were-Going-Bear-Michael-Rosen/dp/1406357383/ref=sr_1_3?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=1ARG3KMRGMDII&keywords=we%27re+going+on+a+bear+hunt&qid=1574761507&sprefix=we%27re+%2Caps%2C288&sr=8-3

オススメの年齢:2歳〜6歳

この絵本は童謡になっているので、ふつうに朗読するよりも、ぜひ一緒に歌ってほしい1冊!

ストーリーに合わせて効果音を出せるサウンドブックは、お子様がボタンを押すタイミングを待つために、絵本に集中してくれるので、さらにオススメです。

「We're Going on a Bear Hunt」の歌は、下のYouTube動画でチェックしてみてくださいね!

The Tiger Who came to tea

https://www.amazon.co.jp/Tiger-Who-Came-Tea/dp/0007215991/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=3ULNDHAPZ9IEJ&keywords=the+tiger+who+came+to+tea&qid=1574761583&sprefix=the+tiger%2Caps%2C287&sr=8-1

オススメの年齢:3歳〜8歳

イギリスでは、シアターで演劇が上演されるほどのベストセラー!

お茶の時間やってきたトラに、親切に食べ物をふるまうソフィーとママのお話し。
トラがソフィーの家の食べ物や飲み物を、ぜーんぶ平らげてしまう様子に、聞いているこどももニコニコ。

やさしい親子や、かわいらしい絵に、心があたたまる絵本です。

Room on the Broom

https://www.amazon.co.jp/Broom-Picture-Puffins-Julia-Donaldson/dp/0142501123/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=1574761649&sr=8-2

オススメの年齢:3歳〜8歳

「Gruffalo(日本題:もりでいちばんつよいのは?)」でおなじみの、ジュリア・ドナルドソンの絵本。

ジュリア・ドナルドソンの絵本は、語呂合わせや繰り返しの文章が多く、リズミカルな文体が特徴です。(Gruffaloも、そうですよね^^)

ですので、この絵本を読むときは「リズミカル」に読むのが命!
動画(DVも販売されています)などで、発音や読み方を練習しておくと、こどもの食いつきが違いますよ!!

最後に

この記事では、英語の絵本の読み聞かせを始めるときのコツや、オススメの絵本をご紹介してきました。

英語絵本の読み聞かせだけで、英語がしゃべれるようになる、というわけではありません。
あくまでも、英語の本や、英語に興味をもつきっかけになることを目標にしましょう。

また、ふだん本を読む習慣がないお子様に、いきなり英語の絵本を導入しても、うまくいかないことがほどんどです。
まずは日本語の絵本で、読み聞かせの習慣をしっかりつけることの大切さも忘れないでくださいね!