生き物好き・乗り物好きの子どもにおすすめ「小学館の図鑑NEOPad」はゲームも学習も充実

目次 目次

「小学館の図鑑NEOPad」の機能をチェック

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/71ukM%2BKlzxL._AC_SL1100_.jpg

「小学館の図鑑NEOPad」には、生きもの好きなお子さんにおすすめの「生きもの編」と、乗りものが好きなお子さんにおすすめの「乗りもの+くらべる編」の2種類があります。「生きもの編」には、紙の図鑑の「動物」「恐竜」「昆虫」「魚」4冊から500種の生きものがセレクトされています。

「乗りもの+くらべる編」は、「乗りもの」図鑑から400種の乗りものと、「くらべる図鑑シリーズ」から約180種の生きものや乗りものの大きさや重さを比較できるものが掲載。

さらに、図鑑機能だけでなく、知育ゲームや学習ができるアプリがたっぷり100種類も入っていて、子どもたちが飽きずに楽しめるのも魅力です!また、カメラがついているのも、「小学館の図鑑NEOPad」の大きなポイントの1つ。持ち歩いて一緒に出かけた先で、見かけた生きものを撮影して、自分だけの図鑑を作ることができます!

「小学館の図鑑NEOPad」の子どもが喜ぶポイント3つ

それではここからは、「小学館の図鑑NEOPad」が子どもに喜ばれるポイントを3つご紹介!子どもが長く遊べる要素がたくさんあるので、自分のお子さんが喜ぶかどうか想像しながらチェックしてみてくださいね。

①ゲームを楽しむことで図鑑の内容が増えていく

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61f%2BsBKwAAL._AC_SL1100_.jpg

「小学館の図鑑NEOPad」は、初期状態では図鑑を全て見ることができない仕様となっています。ゲームで遊ぶことで、図鑑をどんどん解放していくことができるので、ここには何が入るのかな?と興味を持ちやすく、さらにコンプリートしたい!という欲求も満たしてくれますよ。

例えば「生きもの編」なら、4冊の図鑑が収録されていますが、アプリゲームもその図鑑と同じ分類に分けられています。それぞれのゲームをクリアすることでコインがもらえて、そのコインで図鑑ガチャができますよ。ガチャガチャ大好きなお子さんは多いので、何が出るかドキドキしながら楽しめそうですね!

②音声ガイドがあるので小さな子どもも楽しめる!

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/616OsK%2BeE6L._AC_SL1100_.jpg

「小学館の図鑑NEOPad」は、3〜6歳が楽しく遊べるとして推奨していますが、3歳ごろのお子さんはまだ字が読めない子も多いですよね。そんな小さなお子さんも楽しめる仕組みとして、音声ガイドがついているのが嬉しいポイント。

出ている文字を読み上げてくれるだけなので、ひらがなが読めるお子さんにとっては必要ありませんが、小さいころから楽しめるように配慮されているということですね。

③ピアノやクイズ、勉強系など幅広くアプリが充実

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81jlZeZEHLL._AC_SL1100_.jpg

100種類のアプリが搭載されていると書きましたが、その内容はピアノや3択クイズ、宝探しなどゲーム要素の強いものから、算数や文字を学べる学習要素の強いものまで幅広く網羅。

3歳〜6歳が推奨年齢となっていますが、その4年間の発達の成長は著しいものですよね。年齢に適した難易度があるかと思いますが、「小学館の図鑑NEOPad」では、星の数で難易度が表されています。難しいのができるようになると成長を感じますね。

「小学館の図鑑NEOPad」の子どもにとって嬉しい効果は?

それではここからは、「小学館の図鑑NEOPad」を持つことで子どもにとってメリットとなるポイントを紹介していきます!

まだゲームをさせたくないお子さんにも渡しやすい

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61H-UBhKJdL._AC_SL1100_.jpg

だんだんと、ゲームの存在を知ったお子さんが「ゲームが欲しい」「スマホゲームがしたい」と言い出すけれど、まだ渡したくない…という親心を持つ方も多いのではないでしょうか?

そんな時に、「小学館の図鑑NEOPad」なら、モニターを使ったゲームのように遊ぶことができるし、親としてもゲームを楽しみながら勉強になっているというところで納得することができるという声も。ゲームは小学校に入ってから、と決めているご家庭でも、ゲームを買う前の前段階として導入するのもいいですね。

ゲームを楽しみながら生きものや乗りものを覚えられる

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81aLby7SAGL._AC_SL1100_.jpg

アプリのゲームも、生きものや乗りものに特化したものになっているので、楽しみながら知識をつけることができるのが嬉しいポイントです。やはり、図鑑を読むだけでなく、ゲーム要素があるのが子どもがハマるポイントなので、楽しく学べる仕組みになっているのがいいですね。

外で見かけたものに興味を持つようになる

外で見た生きものなどを写真にとって図鑑を作る機能があるので、外で見かけたものに興味を持つようになるのがおすすめポイント。動物園に行く時などに持っていくと、自分が見かけた動物を写真に残して図鑑を作れるので、さまざまな動物を自分から探すようになりますよ!

「小学館の図鑑NEOPad」とお出かけして自分の図鑑を作ろう!

今回は、「小学生の図鑑NEOPad」の機能の紹介や、子どもが喜ぶポイントや嬉しい効果についてまとめました。勉強になるゲームで遊ばせられる、タブレット型の図鑑。ぜひ、学校に上がる前のお子さんにプレゼントして、いろいろな知識を楽しみながら身に付けさせてあげませんか?

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

「ドラキッズ」資料請求でクオカードをプレゼント

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える