世界的絵本作家ジュディス・カーの子どもの頃の体験記『ヒトラーに盗られたうさぎ』子ども目線で歴史を学ぶ

目次 目次

 

『ヒトラーに盗られたうさぎ』

 

© 2019, Sommerhaus Filmproduktion GmbH, La Siala Entertainment GmbH, NextFilm Filmproduktion GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

 
 

作品概要

 
「わすれんぼうのねこモグ」シリーズや、「おちゃのじかんにきたとら」などの絵本で知られる、世界的児童書作家 ジュディス・カー。
彼女が家族と共に、ヒトラー台頭による恐怖政治から逃れるために故郷のドイツ・ベルリンを離れ、スイス、フランス、イギリスへと亡命生活を強いられた少女時代の体験を基にした自伝的小説「ヒトラーにぬすまれたももいろうさぎ」は、児童文学の代表的な古典で、ドイツの学校教材としても用いられています。
この小説を、『名もなきアフリカの地で』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞したカロリーヌ・リンク監督が映画化しました。
 
 

ストーリー

 
1933年2月。
ベルリンに住む9歳のアンナ(リーヴァ・クリマロフスキ)は、兄のマックス(マリヌス・ホーマン)や友達と共にカーニバルを楽しんでいました。
ところが その夜、父アルトゥア(オリヴァー・マスッチ)と母ドロテア(カーラ・ジュリ)は深刻な顔で何かを話し込み、翌朝 アンナは「家族でスイスに逃げる」と母から告げられます。
アンナの家族はユダヤ人で、新聞やラジオでヒトラーへの痛烈な批判をしていた辛口演劇批評家の父は、「次の選挙でヒトラーが勝ったら反対者への粛清が始まる」という忠告を受けたのです。
住み慣れた家を離れる際「持ち物は一つだけ」と母に言われたアンナは、泣く泣く大好きな“ピンクのうさぎのぬいぐるみ”を置いていくことに…。
 
 

© 2019, Sommerhaus Filmproduktion GmbH, La Siala Entertainment GmbH, NextFilm Filmproduktion GmbH & Co. KG, Warner Bros. Entertainment GmbH

 
 

予告動画

 

 
 

 

ヒトラーは登場しない

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

限定アイテムが必ず入る『ミキハウス新春福袋』予約受付中

奥野壮が「3Dドリームアーツペン」で遊んでみた動画【おもレポ FILE.07】

いちごみるく 30秒CM30「かわいいからあげる!」