人気

子どもと一緒に観たい!おすすめの面白い映画 ランキング TOP20【2020年】

目次 目次

関連記事

第20位:モンスターズ・インク 2001年

子ども部屋のクローゼットの向こう側に広がるモンスターたちの世界では、モンスターが人間の子どもの悲鳴を採集し、それをエネルギー源に電力を供給していた。ある日、人間の子どもが、モンスターシティに紛れ込んでしまい…
「トイ・ストーリー」の監督、ジョン・ラセターが製作総指揮を担当。

日本語版ではマイク役を爆笑問題の田中裕二さん、サリー役を石ちゃんこと石塚英彦さんというお笑いタレント2名が演じています。

平均レーティング 4.04

第19位:トイ・ストーリー 1995年

おもちゃたちが繰り広げる大冒険を描くピクサー制作のCGアニメ映画。少年アンディの一番のお気に入りだったカウボーイ人形のウッディだが、最新式のおもちゃバズ・ライトイヤーにその座を奪われてしまい…

この後、3つの続編が製作されいずれも名作とされたピクサーを代表するシリーズの1つであり、ジョン・ラセター監督の長編デビュー作でもあります。

平均レーティング 4.05

第18位:塔の上のラプンツェル 2010年

グリム童話のヒロイン、ラプンツェルを主人公に、自由自在に操れる長い魔法の髪を持つヒロインの冒険を描く、アドベンチャー。
お尋ね者の大泥棒と出会い、未知なる世界へ踏み出していくラプンツェルのストーリーを、ディズニーが手掛ける。

似た設定ではあるものの、実は原作とはかなり設定やストーリーが異なっています。
原作はかなり衝撃の展開となっているので、気になる方は大人だけでチェックしましょう…

第17位:千と千尋の神隠し 2001年

現代日本を舞台に、10歳児の少女千尋(ちひろ)が、迷い込んでしまった神々の世界で、奮闘し成長していく姿を描く冒険ファンタジー。
日本での興行収入308億は歴代1位で、公開から20年近くたった現在もいまだに破られていません。
昨今の状況を考えると、今後も塗り替えることが不可能な記録かもしれませんね。

大ヒットした実績はもちろん、その高いクオリティから世界中にファンを持つ作品です。

平均レーティング 4.08

第16位:魔女の宅急便 1989年

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

「おさつスイスイ!セルフでピピッ♪ アンパンマンレジスター」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ