柔らかくやさしいブロック「polyM(ポリエム)」ってどんなおもちゃ?

目次 目次

polyMってどんなおもちゃ?

polyMはドイツ生まれのマイスターのこだわりが詰まったブロックおもちゃです。何と言ってもその柔らかさが特徴。

ブロックは折り曲げられる柔軟性があり、丸みのある形状をしています。小さなお子さんでも手に取りやすい大きさで、やさしい触り心地。

パーツの形や色も豊富で、子どもたちの想像力をかきたててくれますよ!さらに、洗濯機で洗えるのはパパママにとって嬉しいポイントかも。

それでは早速おすすめ商品を紹介していきます。

「はじめてのきほんセット」

はじめてのきほんセット

出典元:Amazon

polyMで遊び始めるならまずはこちらから。基本のパーツ25ピースが入っていますよ。
車輪パーツが入っているので、手始めに乗り物を作ってみましょう。飛行機や車、オリジナルの乗り物を作っても楽しいかも…!

乗り物で遊び終わったら、目のシールのパーツを使って動物を作るのも面白いですよ。見たことがない動物が出来上がるのもそれはそれでご愛敬。出来上がったら背中に付属の人パーツを乗せてあげましょう!

「恐竜パラダイスキット」

恐竜パラダイスキット

出典元:Amazon

恐竜がテーマの「恐竜パラダイスキット」は何と200ピースも入った大入りのセットです。このキットだけでオリジナルのジュラシックパークが作れてしまいますよ!

まずはパッケージを参考に恐竜を作ってみてもよし。全くオリジナルの新しい恐竜を生み出しちゃってもよし。polyMのブロックは柔軟性があるので想像の中の恐竜の形が簡単に実現できちゃいますよ。

恐竜を何体か作ったら、タイヤパーツを作って汽車を作ってみましょう。恐竜の間を通り抜ける汽車に人パーツを乗せて、恐竜ワールドの探検気分!

たくさん遊んで恐竜に飽きたら、同じパーツを使った建物を作ることもできますよ。
恐竜を囲う建物を作ってあげるのも楽しいですね!

「洗えるブロックバラエティセット」

洗えるブロックバラエティセット

出典元:Amazon

「バラエティセット」は様々なパーツがバランス良く入った128ピース入りのセットです。木や動物などの小さめのアイテムをたくさん作るのに適していますよ!
パーツの種類が豊富なので想像力を働かせて、どんどんユニークな物を作りだしちゃいましょう!

polyMの公式ホームページではレベル1からレベル4まで作例集が紹介されています。アイディアがわかない時はとりあえず順番に作ってみても楽しいかも。作例集を真似して、ブロックの扱い方が分かってきたらオリジナルアレンジもできるようになるはずですよ。

こちらの動画では、バラエティセットを使って土台がついた木やヘリコプター、カメラなど創作の実例が紹介されているので、アイディアを真似してみてもいいですね!

「エアポートセット」

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える