フォニックスが学べるおすすめYouTube学習動画 5選+1【おうちで子ども英会話】

目次 目次

フォニックスとは?

最近は、大人の発音矯正としてもフォニックスが話題になっていますが、そもそもフォニックスとはなんなのでしょうか?

フォニックスとは、英語圏の子どもたちが、英語の読み方を学ぶときに使われる学習方法です。
英語のつづりと発音の間にある法則を学ぶことで、初めて見る英単語でも、正しく発音できるようになります。

フォニックスの最大の特徴は、アルファベットをエー、ビー、シーではなく、アッ、ブッ、クッというように、実際に発音される音で覚えること。

文章では伝わりにくいので、実際にイギリスの4歳〜5歳児が、アルファベットのピュアな音を発音している動画をどうぞ(^^)

イギリスでは、4歳になるとアルファベットのピュア音に加え、アルファベットの音を組み合わせて短い英単語を発音する方法を学び始めます。

たとえば…

m(ムー)+ a(ア)+ t(トゥ)=mat

s(ス)+ u(ア)+ n(ンー)=sun

というように、アルファベットをひとつひとつを発音したあとに、すべての音をくっつけます。

わかりやすいように、カタカナで読み方を書きましたが、実際にはアルファベットの『ピュアな音』で発音していきます。

つまり、ローマ字のように子音のあとに、存在しない母音を発音しないのです。

この、子音のあとに存在しない母音をくっつけて発音してしまう癖は、ローマ字の影響ともいわれています。

キレイな英語の発音を身につけるためにも、ローマ字読みの癖がつく前に、フォニックスで正しい発音方法を学んでおくのがおすすめです!

この動画の0:13あたりから、実際にフォニックスで短い単語を発音する例が聞けます。

親がネイティブじゃなくてもフォニックスは教えられる?

フォニックスで発音をキレイにするために欠かせないのが、正しいアルファベットの発音を真似することです。

といわれると、

「親が英語上級者じゃないとフォニックスは教えられない?」
「ネイティブの講師に習わないと無理?!」

とガッカリしてしまいそうですが、大丈夫です!

もちろん、英会話スクールや、オンライン英会話などでフォニックス指導をしてもらうのが効果的な方法ではあります。
 
でも、YouTubeなどの動画を利用すれば、自宅でも子どものフォニックス学習は可能なんです!

わが家の娘たちが通うロンドンの小学校でも、50%以上が家庭での 言語が英語以外。
英語がネイティブではない家庭のママに聞いてみたところ、 YouTubeを活用しているのだとか(^^)

小学校でも、フォニックスの教育番組を授業に取り入れているところもあるほどです。

そこで今回は、こどものフォニックス学習におすすめなYouTube動画5選をご紹介したいと思います。

パパ・ママも一緒に見て、英語の発音を上達させてしまいましょう!

①ChuChu TV 「Phonics Song with TWO Words」

再生回数No.1の、子どもに大人気のフォニックスソング。
アルファベットのフォニックス音を、その音が使われている単語とあわせて歌で紹介していきます。

歌がキャッチーなので、1歳くらいの小さなお子さんでも、釘付けになりますよ!

わが家のこども達も、小さい時によく見ていました。
気づいたら私まで口ずさんでいるほど、ヘビロテした動画です(^^)

②Sweet Dinos「子供の英語 簡単にアルファベットの発音をフォニックスで学ぶ」

アルファベットのフォニックス音を、2つの単語とセットで発音していく動画です。

英語圏の子ども達が学校で習うのと同じように、フラッシュカード式になっているので、動画と一緒に声を出して練習できますよ。

わりと淡々と発音練習をしていくので、4歳以上のお子さんにおすすめです。

③FUNTASTIC TV「Phonics – The Letter “A” (short sound)」

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

ニンジャスポーツトイ「ニンスポ」