親子で観るクリスマス映画6選!笑いと感動に包まれよう

目次 目次

笑いと感動に包まれるクリスマス映画の魅力とは?

クリスマスには深い意味がある!プレゼント&ケーキだけじゃない

クリスマスとは、イエス・キリストの降誕祭の日です。
キリストの生まれた日は特定していないため、「キリストの誕生日」ではなく「キリストが生まれてきたことをお祝いする日」となります。

日本の子どもにとっては「プレゼントとケーキの日」ぐらいの認識しかない子も多いでしょう。
これをきっかけにクリスマスについてより深く知るためにも、クリスマス映画はおすすめです。

季節を感じられる!クリスマス前に観て気分を盛り上げよう

クリスマス映画の特徴といえば、クリスマスの雰囲気を一番感じ取れるシーンが多いことです。
キラキラ光るイルミネーションや、立派なクリスマスツリー、サンタクロースのコスチュームなど、観ているだけでクリスマスの気分が盛り上がります。

特に海外映画の場合は、その装飾も非常に壮大で美しく、神秘的に描かれているのでより気分が盛り上がります。

HAPPYな気分になれる映画を観てホッコリできる

クリスマスを題材にした映画は、紆余曲折あれど、ほとんどがハッピーエンドになる映画ばかりです。

アメリカでは、クリスマスは日本以上に特別な日でもあるため「クリスマスぐらいは幸せな日にしたい」という特別な想いも反映しています。

そのため、クリスマス映画を観た後は、どの映画も幸せな気分になれる映画ばかりなので、親子で鑑賞した後も幸せの余韻が続き、幸せな気分になれる作品が多く揃っています。

①ホーム・アローン

クリスマス映画の定番でもある「ホーム・アローン」は、1990年に公開されて以来、日本人であれば1度は目にしたことがある大人気映画です。

シカゴに住む裕福なマカリスター家は、クリスマス休暇のパリ旅行を計画していましたが、全員が寝坊!
家族は慌てて空港へと向かいますが、8歳の少年ケビンが1人家に取り残されてしまいます。

1人暮らしを満喫する一方、泥棒コンビはクリスマス休暇で誰もいなくなった家を狙っており、事前の情報収集によってマカリスター家にも目をつけていて……。

ハラハラドキドキな展開と次はどんなイタズラするのかな?!というワクワク。そして、家族との再会が素敵な映画です。
初めての映画にもぴったりですよ!

②アーサー・クリスマスの大冒険

2011年に公開されたこのアニメーション映画は、サンタクロースの息子でお手紙係であるアーサーの物語。

クリスマス・イブに、システムの不具合で女の子にプレゼントが届いてないことが判明します。
アーサーは引退しているおじいサンタたちの力を借り、昔ながらのトナカイの“そり"に乗ってプレゼントを届けに行くことに。

夜明けまでの2時間に、果たしてアーサーは無事に配達できるのか……?!

サンタクロースが実在するという世界観を最先端の技術で維持する設定が面白い、親子で楽しめる映画です。

③ガーディアンズ 伝説の勇者たち

2012年に公開されたアメリカ・ドリームワークスの3DCGのアニメーション映画です。
実は日本では「アナと雪の女王」と放映がかぶったこともあり劇場未公開でしたが、3億ドルの興行収入があった人気作でもあります。

いたずら好きの妖精ジャック・フロストは、ある日サンタクロースのノースに呼び出されます。
ここで、悪夢の精霊「ピッチ」が人間の子どもに怖い夢を見せて世界を闇に変えようとする世界の危機を知ることに。

そんな世界を救うために、ジャックが仲間と力を合わせて解決へ向け奮闘するストーリーです。

美しい映像と共に素敵な物語が楽しめるおすすめ映画です。

④ポーラー・エクスプレス

Commentコメント

コメントしてポイントGET!

投稿がありません。

関連記事

おすすめの動画

奥野壮が「アクアビーズ」で遊んでみた動画

スペシャル

年齢

カテゴリー

ランキング

VS投票

投票する

アンケート

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?

「アンパンマン」で好きなキャラクターは?
・アンパンマン
・しょくぱんまん
・カレーパンマン
・めいけんチーズ
・メロンパンナちゃん
・ばいきんまん
・ドキンちゃん
・あかちゃんまん
・てんどんまん
・ホラーマン
アンケートに答える