みんな大好きアンパンマン!遊びながら言葉が身につくおもちゃはコレだ!

目次 目次

子どもは遊びが勉強!それに合わせたオモチャ選びを…

言葉やおしゃべりも遊びから学んでいきます

画像引用元:PIXTA

子どもは生まれてから1歳6カ月の間に約50語、2歳で300語、3歳で1,000語と短い期間でたくさんの言葉を覚えていきます。

そんな言葉を覚える大切な時期の子どもに遊んでもらいたいのが、楽しく言葉を学ぶことができる知育玩具です。

おすすめはタッチペンになっていて、興味があるものをタッチすると正しい発音で言葉を教えてくれるもの。

このタイプならお母さんが家事をしている間でも、子どもひとりだけでも遊ぶことができますし、時間に余裕があるときは親子で一緒に「これは何かな~」と遊ぶこともできます。

アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXの魅力

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/A1eVV0WcRcL._AC_SL1500_.jpg

これから子どもに、言葉を覚えさせたいと考えているなら、「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX」がおすすめです!

希望小売価格:9,800円(税抜)
対象年齢:3歳以上
使用電池:単4電池2本

アンパンマンだから食いつきがいい!

画像引用元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81Xu9GLpkzL._AC_SL1500_.jpg

幼い子どもをもつ多くの親は、少しでも学びにつながるおもちゃをプレゼントしてあげたいという気持があります。

ただし、その気持ちが強すぎて子どもに興味を持ってもらうことができなければ、使われないまま埃を被ってしまうことも。

ですが、多くの子どもが大好きなアンパンマンがモチーフになった「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX」なら喜ばれること間違いなしです!

日本語だけじゃなく英語とも触れ合える!

日常的に英語に触れあえる!

画像引用元:PIXTA

「アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX」がおすすめなのは、ひらがな、カタカナだけでなく英語とも触れ合うことができること。

遊びながら覚えられるのは……

日本語1400語以上
英単語800語以上

にもなるのです!

しかも、これらは日本語としての教材、英語としての教材と別々に用意されているのではなく、にほんごモードとえいごモードの切り替えで同じ教材を使用することが可能。

だから、「えほん」と「picture book」というのは「同じものなんだ」と、自然と覚えていくことができるのです。

子どもが遊ぶことで“英語が自然に身につく”、これってとても素晴らしいことですよね!?

二語文にも対応している!

関連記事

おすすめの動画

「ころがスイッチ ドラえもん」で遊んでみた|奥野壮のおもレポ

トロールズ: シング・ダンス・ハグ!